tx1000に搭載されているQuickPlayのバージョンアップ

2008年9月20日土曜日 22:05

HPのPCにはQuickPlayというメディアセンターっぽいソフトが付属されているんですが
DVDを見るときなんかよく使います。
しかし最近問題が発生・・・

全画面モードにすると画面が映らなくなり、標準のモードにしても
映像がでなくなってしまうのです。こうなると一回ソフトを落とさなきゃいけなくなるので
とっても不便。

解決策はないのかと探していたところバージョンがあがってるではないですか!
自分のtx1000にはHP QuickPlay3.0がプリインストールされていたんですが
最新バージョンを確認してみるとなんと3.7まで上がっていました。

これは上げなきゃ損だと思いさっそくバージョンアップすることにします。
スタートメニューからQuickPlayを選択し起動。


なんでもいいのでDVD再生以外を選択します。


開いたら左側に並んでいるアイコンからアップデートを選択します。


赤枠のところをダブルクリックしましょう。


DownLoadを選択、デスクトップにexeファイルをダウンロードします。
このときQuickPlayでファイルを落としているので終了させないように注意。



落としたファイルを起動します。


今までインストールされていたQuickPlayをアンインストールします。
ぜんぶ自動でやってくれるのでラクチン。


バージョンは3.7になってデザインもカッコよくなっています。


他にもインターフェースが変わっていますね。


HPの自動更新ソフトが動いてるはずなんですがQuickPlayは対象外なんですかね?
使えないなぁ。
tx1000/CT系のPCをお使いの方はバージョンアップをオススメします。
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事