【攻略・裏技】Real Racing 3をサクサク進めたいなら知っておくべき2つの裏技

2013年3月8日金曜日 8:00

こんにちわ、やむけい(@yamkei)です。
iPhoneとAndroidでリアル系レースゲームとして有名な"Real Racing 3"に最近ハマっております。モバイルでこれほどのグラフィックを実現しているのに驚かされたのと同時にレースゲームとしてのリアルな駆け引きの面白さに舌を巻いております。



前作までは売り切りのアプリだったのですが今作からいわゆる課金ゲーとなり、アプリは無料で配信。課金ゲーといっても無料で十二分に楽しむことが可能。

同じく有名なレースゲーム"アスファルトシリーズ"はそこまでハマらなかったんですけどね。
グランツーリスモシリーズが好きな方はツボにはまると思います。
というかぶっちゃけGT5のレースを開始するまでの長い時間(PS3を起動して~ロード時間を待って~みたいな)を考えたら断然こっちをプレイしちゃいます。
家でまったりプレイするのに最適。

そんな"Real Racing 3"ですが、ゲームを有利に進める上で色々使えるポイント(裏技)が存在します。今回はそんな技を2つをご紹介したいと思います。

車の修理時間をスキップする


Real Racing 3はダメージ表現があり、レース後に車のコンディション(見た目も)を保つには修理が必要となり、その修理にはリアルタイム(実時間)の待ち時間が発生します。

通常は普通に待つかコインを消費してスキップするかなんですが、実はiPhoneの時計を進めることで待ち時間をスキップすることができます。


設定の前に機内モードをオンにして、
設定→一般→日付と時刻→自動設定をオフにして時間を進めれば完了。


ゲームに戻ると機内モードをオフにしろとダイアログが出ますが無視してOKを選びます。

するとすぐに修理完了となります。その後は時計を元に戻しても大丈夫。
これで待ち時間を気にせずサクサク進められます。


ちなみにAndroid版ではこの技は不可能でした。


今プレイしているレースを無かったことにする


「さぁぶっちぎってやるぜ!」と意気込んだものの、予想外のクラッシュ・・・
「このままでは確実に最下位でしかも修理費がかさんじゃう!」という時、実はアプリを強制終了することによってレースに出る直前の段階まで戻ることができます。
やり方は簡単。レース中に一旦ホームに戻ってアプリ履歴からアプリを終了させればOK。



こちらはAndroid版でも可能。
Android4.0以上の場合は一旦ホームに戻り、履歴一覧ボタン(マルチタスク)でReal Racing 3を終了させればOK。
対戦で負けそうになったときにおもわず電源コードを抜いちゃうあなたにはうってつけですね!


オンライン対戦が無いゲームなので裏技は・・・アリか?

今回の技を使うのはちょっとズルいかもしれませんが、Real Racing 3にはオンライン通信が無い上、直接レースに影響する技ではないので大目に見てもらえるかなと。
ストレスフリーにサクサクプレイしたい方にオススメな裏技です。


アプリのダウンロードはこちらから

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事