Galaxy Sをホワイトモデルにしてみた

2010年12月11日土曜日 19:25

ドコモから発売されているGalaxy Sはメタリックブラック一色のみですが
韓国ではホワイトモデルが発売されていたりします。


ホワイト好きな自分にとっては羨ましい限りですが
よく見ると裏蓋が白いだけだったりするので
韓国から輸入すればホワイトモデル作れるんじゃねー?と考えていたら
バッファロー コクヨサプライからカラーバリエーションが豊富な
裏蓋を交換するタイプのカバーが発売されると聞き
これならGalaxy Sの本体を好きな色に変更できるじゃん!ということで
さっそく注文し、先日届きました。


「バッファローコクヨサプライ BUFFALO Galaxy S用 パネルケース 液晶保護フィルム付 ホワイト」
という商品です。


純正の黒い裏蓋と交換します。


装着!これ完璧にホワイトモデルじゃないですかー!やったー!


よく見てみるとパールホワイトです。
とってもイイです!


しかも、なんとなく黒い純正の裏蓋より出来がいいと感じたのは自分だけ・・・?
爪が固くて装着して取るのにちょっと苦労。
あとなんかきもち重い感じします。気のせいかもしれませんが。

ちなみにこのケース、ロゴなどがないのでかなりまっさらなので
とりあえず手持ちのステッカーを貼ってみる。
Evernoteのはちょっとイマイチかな^^;


ちなみに黒とホワイトのツートンが好きなのはSH-04Aホワイトの影響だったりw



Galaxy Sのカラーを変更したい人にはお薦めです。
購入はAmazonとかで。
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

1 コメント:

  1. SECRET: 0
    PASS: b9bdfc17e1dbf703e091953f321ba7a4
    お手軽に気に入ったカラーへ変更出来るのが嬉しいとこですね。
    ちなみに本家Galaxy Sは裏蓋だけでなく、
    側面部分や電池カバーを開いた中もホワイトだったり、ピンクだったりします。

    返信削除

このブログの最新記事