NTTドコモが「新モデル発表会 2011 春」で新型スマートフォン3モデル発表

2011年2月24日木曜日 13:08

NTTドコモが本日13時から行われた「新モデル発表会2011春」にて
今後発売予定の新モデルを発表しました。


報道発表資料

NTTドコモ(以下ドコモ)は、ドコモ スマートフォンの新モデルを開発し、2011年3月以降、順次発売いたします。また、あわせてspモード®の機能拡張など、スマートフォン向けサービス・機能を拡充いたします。

「ドコモ スマートフォン MEDIAS N-04C」は、世界最薄7.7mm1 、超軽量105グラムを実現しています。おサイフケータイ®やワンセグ、赤外線通信に加え、撮影間隔約1.1秒の「クイックショット」にも対応した、機能性と美しさを兼ね備えたスマートフォンです。

XperiaTMの新モデル「ドコモ スマートフォン XperiaTM arc SO-01C」は、最新OSの「AndroidTM 2.3」を搭載し、操作感が一層向上しています。さらに、2011年6月(予定)より順次開始する、FOMA®ハイスピードエリア内での受信時最大14Mbpsの高速通信に初めて対応し、動画やインターネットをより快適に楽しめます。

タブレット型の「ドコモ スマートフォン Optimus Pad L-06C」は、タブレット型端末専用の最新OS「Android 3.0」を搭載したモデルです。高精細8.9インチのディスプレイとステレオスピーカーを気軽に持ち運べる620グラムに収め、どこでもモバイルシアターのような高品質・大迫力の映像が体感できます。




発表されたのは
「MEDIAS N-04C」

・今夏、Android2.3にバージョンアップ予定


「XperiaTM arc SO-01C」


「Optimus Pad L-06C」


の3機種。事前情報通りでした。

発売日は以下の通り
MEDIAS N-04C2011年3月15日(火曜)全ドコモ取扱店
XperiaTM arc SO-01C2011年3月24日(木曜)
Optimus Pad L-06C2011年3月下旬
事前予約開始日は以下の通り
MEDIAS N-04C2011年3月4日(金曜)全国のドコモショップ
XperiaTM arc SO-01C
Optimus Pad L-06C2011年3月15日(火曜)
その他には、SPモードの機能拡張で

◆コンテンツ決済サービス Androidマーケット対応

提供開始時期 : 2011年3月下旬(予定)
対応機種 : spモード対応のAndroid搭載スマートフォン
申込み : 不要(spモード契約が必要)
月額使用料 : 無料
対象コンテンツ : Androidマーケット上で、日本円で販売されているアプリケーション


◆電話帳バックアップ」の提供

スマートフォンに保存している電話帳を定期的にドコモのサーバーへ自動バックアップし、必要に応じてリストアできる電話帳バックアップを提供、またフューチャーフォンの「ケータイデータお預かりサービス」からの電話帳データ移行が可能になり、機種変更のもスムーズに。

提供開始時期 : 2011年3月中旬(予定)
対応機種 : MEDIAS N-04C、XperiaTM arc SO-01C、Optimus chat L-04C(Android搭載機種へ順次拡大予定)
申込み : 不要(spモード契約および電話帳バックアップアプリのダウンロードが必要)
月額使用料 : 無料
保存可能容量 : 100MB、または3,000件


◆基地局データを活用した位置情報提供

ドコモの基地局情報を利用することで、おおよその現在地を通知することができる機能。
対応したサービス・コンテンツで基地局ベースの位置情報を取得できるようになり、GPSによる位置測位に比べ、屋内や地下でも位置がわかる、短時間で位置がわかる、消費電力が節約できるなどの特長がある。

提供開始時期 : 2011年3月下旬(予定)
対応機種 : すべてのspモード対応機種
申込み : 不要(spモード契約が必要)
月額使用料 : 無料
対応コンテンツ : 以下のコンテンツでの対応を予定。対応コンテンツは順次拡大。(括弧内は提供開始予定時期)

アクセルモバイル「駅すぱあと」(2011年3月下旬以降)
カイト株式会社「giveApp」(2011年3月下旬)
株式会社ゼンリンデータコム「直感ナビ」(2011年3月下旬)
ジョルダン株式会社「乗換案内」(2011年3月下旬)
株式会社GClue「Blocco」(2011年3月下旬以降)
Mapion Co,Ltd.「MapionMaps」(2011年3月下旬)
株式会社radiko「radiko.jp」(2011年4月以降)
株式会社リクルート「RecoCheck」(時期未定)

公開の準備が整ったら、ホームページでアプリケーション開発者向けに情報提供予定。


◆spモードのデータプランへの対応

定額データプラン、従量データプランをご利用のお客様も、spモードがお申込み可能に。
これまでタブレット型端末でデータプランをご利用のお客様も、spモードにお申込みいただくことで、iモードのメールアドレス(@docomo.ne.jp)が利用できるようになる。
なお、2011年3月15日(火曜)に提供開始予定の新たな定額データプラン「定額データプラン フラット バリュー」「定額データプラン スタンダード2 バリュー」などにも対応。

提供開始時期 : 2011年3月中旬(予定)
対応機種 : すべてのspモード対応機種(BlackBerry®は非対応)
申込み : 必要
対応プラン : FOMAのすべての定額データプラン、従量データプラン


◆「BeeTV®1」のスマートフォン対応
◆「eトリセツ」アプリの提供


また、発表会で山田社長が質疑応答していて気になったの点はこんなところです。

・MEDIASの防水モデル、Xperiaのおサイフケータイ&ワンセグ機能を搭載したモデルを夏に販売できるように開発・検討中
・これから用意していく端末はスマートフォンとフューチャーフォンの割合を半々にしていく
・今回の新モデルはSIMロック解除をしたくないから3月中に発売したのではなく、あくまで良い製品を早くお客様に提供するため
・4月発売以降の機種はSIMロック解除のソフトウェアを組み込み、ドコモショップで解除可能(購入直後でも可)
・SIMロック解除可能モデルだからといって本体価格が上がることはないと考えている
・外人さん「iPad 2出るよ-?どうなの?」→山田社長「あきらめたわけではない(棒)あくまで開発のメインはAndroid!」


まずまずな内容だった思います。
端末の内容はMEDIAS・Xperiaは女性向けをプッシュ、Optimus PadはAndroid3.0を売りにしていたように見えました。


更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事