ウエスタン・デジタル主催の「WD Media Day 2011」に参加してきました

2011年3月10日木曜日 3:46

3月9日に行われた、ウエスタンデジタルさんの「WD Media Day 2011」というイベントに
ご招待いただいたので行ってきました。

場所は新宿のあいおい損保新宿ビル3F





今回のイベント、というより発表会は、ウェスタン・デジタルネットワークストレージソリューションと、
新製品「My Book Essential 3TB」の紹介ということで、気合いが入っていたように見受けられました。
日立GSTの買収の話題が出て次の日ということもあり報道陣が多かった気がします。

自分は、ちょうど自宅で使っているデータ保存用の外付けHDDが容量オーバーを
迎えていたので、参考になる点があればいいなと思い、イベントに参加しました。

そもそもウエスタンデジタルジャパン株式会社とはどんな会社なのかというと、
HDDを製造しているメーカーで国内トップシェアを誇っているメーカーです。 


同社社長さんの金森苧(あさお)氏が日立GST買収の件についてコメント。
「ウエスタン・デジタルは、高品質の製品を作って大きくなっており、決して買収で大きくなってきたのではない」


というように、ウエスタン・デジタルのHDDにかける高品質・高信頼性をアピールしていました。


今やHDDはPCだけではなく、デジタル家電(HDDレコーダーなど)でも多く使われていて、
しかも、デジタル家電はHDDにアクセスしにくいため、壊れたからと言って
気軽に交換できるものではないですよね。なのでPC以上に品質が大事になるそう。
ウエスタンデジタルは品質を重視して各メーカーの信頼を手に入れたのだとか。
それが今のシェアを勝ち取っている要因。

たしかにHDDレコーダーのHDDなんて壊れたら基本的にメーカー送りしか
修理する手段はないですよね。壊れたらめんどくさいもん・・・。


ウエスタンデジタルの外付けHDD製品なども、他社と比較すると高く感じるかもしれないが
むしろこれだけの高品質をこの価格で提供できることを良く感じて欲しい的な。


紹介された中で気になったのがWD TV Live Hubという製品。


これは1TB HDDを搭載したメディアプレイヤーで、写真や動画、音楽などを
HDMIやコンポーネント端子で接続されたTVやディスプレイで再生することができる。
また、NASとしても動作し、ファイルサーバーやDLNAクライアントとしても機能する。
もちろん各種スマートフォンにも対応。ユーザーのデータをこれ一台にまとめることができる。
まるでPS3からゲームの機能を取り除いた製品みたいですね。

自分は写真や動画をネット上のサービスにアップロードしてどこからでもアクセスできる
環境が普通になっていくんだろうなと思い込んでいたので、自宅に自分専用のNASを置いて
データを集約する、という方法を聞いてなるほどそれもアリだなと感じました。
まぁそれでもクラウドのほうが便利じゃないかなーと思ったりもしますけどね。


あと、こういう製品のユーザーインターフェイスって大体フォントが汚くて
使う気を削がれたりするのが多いんですが、デモを見せてもらった限りでは
UIデザインもフォントも小綺麗にまとまっていて、いいなと思いました。



ソニーの液晶テレビ薄くてかっこよかったなー!(違
まぁこういうの見てて思い浮かべるのが「Google TV」なんだけど
どっちが生き残るかな。市場が違う?どうだろう。


今はHDDを作るだけではなく、コンテンツを扱う環境も作っているのはとても感心。
HDDメーカーも大変なんだなぁと感じました。


各製品の詳細は
PC Watchさん週アスさんcnet Japanさんに載っているので割愛します。

というわけで、軽くですがウエスタン・デジタル主催の「WD Media Day 2011」参加報告でした。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事