アナログとデジタルの融合、キングジムのSHOT NOTE(ショットノート)をAndroidで試してみた

2011年6月21日火曜日 2:49


四隅にマーカーが印刷されたノートに文字を書いて、専用のアプリで撮影することで
簡単に手書きメモをデジタル化できるSHOT NOTEのAndroid版が登場したということで
さっそく試してみました。



SHOT NOTEのアプリはAndroidマーケットでダウンロードすることができます。
公式では初代XperiaとGALAXY Sのみ対応と書かれていますが
大体の機種で使えるようです。

Xperia arcでもこんな風に注意書きは表示されますが、正常に動作します。


起動すると最初の画面はこんな感じ。


設定画面。撮影したノートをEvernoteに直接アップロードすることができるので
アカウントの入力や画質設定などがありますね。



そしてこれがマーカーが書かれた専用の用紙です。ノートタイプや付箋タイプなど色々な種類があります。
今回は前にEvernoteのイベントでいただいたメモパッドタイプを使ってみます。




それではさっそくノートに書いた内容を読み取ってみましょう。
最初の画面で黄色いマークのカメラを起動するとこんなファインダーが現れます。




このカメラのマーカーの中に用紙のマーカーが収まるように撮影します。
これのよくできているところは写真のように斜めに撮影してもマーカーさえちゃんと写っていれば
綺麗に読み取ってくれるところですね。恐るべきマーカー。
(写真はドロイド君いません∩^ω^∩)


読み取りに成功するとこんな風にまるでスキャンしたかのように綺麗に取り込んでくれます!
これはすごい!
更に用紙の右上にある日付が書き込めるスペースのところへ日付などを数字を書いておくと
読み取ったときに日付が自動的に入力されたりなんて機能もあります。


ちなみに撮影に失敗するとこんな感じでエラーが出ます。



撮影したデータはEvernoteに投稿、メール送信、ギャラリーに保存と
それぞれアウトプットが可能です。


Evernoreに取り込むとこんな感じ。活用の幅が広がりそう。


今までiPhoneユーザーしか使えなかったSHOT NOTEがやっとAndroidで使えるということで
喜んでいる方もかなりいるのではないでしょうか。
自分もAndroidユーザーなのでせっかく貰ったSHOT NOTEがお蔵入りする前に
試用することができて良かったです。
一つ希望としては、アプリをSDカードに移動できるようにしていただきたいです。
Xperia arcはメモリが無いんだぁー!!!
たまにしか使わないアプリですしね。

商品ラインナップも豊富なので色々使い道がありそうです。
学生はルーズリーフをSHOT NOTEに買い換えて全部スキャンしちゃうなんてことも
できますね。有効活用できるかどうかは人それぞれでしょうけど。

アナログだと思っていた文具メーカーがデジタルに歩み寄ることで
面白いことが色々できそうです。ワクテカが止まらない・・・!
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事