Viber for Androidがついにβ版を終えて正式版がAndroidマーケットに登場!初めての方のインストール手順ガイド

2011年7月20日水曜日 21:05


iPhone同士で無料通話が出来るということで人気が高いVoIP通話アプリ「Viber」が
限定ユーザーβを終えて、Androidで正式版がリリースされました!
Androidマーケットでダウンロードが可能になっています。

スマートフォンで無料通話と言えばSkypeを始め、Tangoなど色々なアプリがありますが
Viberは

・通話クオリティが高い
・電話番号を使うのでID登録などが必要ない
・常駐せずにプッシュ受信するのでSkypeなどと違い電池消費が圧倒的に少ない
・通常の電話とシームレスに使用すること可能

これらの特徴を持っています。
というかスマートフォンを持っている人はみんなインストールしろしてください!って感じなので
ぜひ使ってみることをオススメします。(主に俺得)というか入れてください。
スマホ同士ならみんなタダとも!

というわけでインストールガイド。

1.Androidマーケットでダウンロード


Viber : Free Calls & Messages

価格 コンテンツ レベル - 低
評価 (0)
インストール総数 3.8M
ダウンロード
マウスを重ねて拡大!
※記事掲載時の情報です:powered by swordsmith


2.インストール後、電話番号の登録、アクティベート

↓インストールして起動すると登録画面が表示されます。
真ん中にあるContinueをタップ。

↓端末の連絡先を読み取っていいですか質問されるのでOKをタップ


↓続いて、自分の電話番号を入力します。
国をjapan(+81)に設定し、空欄に自分の携帯番号を入力します。
この時のポイントは、↓画像のように090or080から始まる番号の頭の0を抜いて入力しましょう。
これ重要。入力を終えたらContinueをタップ。


↓するとSMSで4桁の登録コードがSMSで送信されてきます。


↓SMSが届いたら、本文に書かれている4桁の数字を空欄に入力してEnter Viberをタップ。



3.登録完了、各種画面説明、設定など

アクティベーションが完了するとViberのメイン画面が表示されてめでたく使えるようになります。
日本語には対応していませんが難しい英語はないので大丈夫です。

↓こちらはダイヤルパッド、番号を直接入力することができますがあまり使う機会はないかも?


↓通話画面はこんな感じ。
保留やミュート、ハンズフリーなど基本的な機能は備わっています。
ちなみにSwitch to GSMをタップすると今Viberで通話中の相手に通常の電話で
電話をかけなおすことができます。
なんだかViberが調子悪いけどどうしても急用で今すぐかけなくては!という時に使える機能ですね。


↓こちらはRecents、発着信履歴のタブです。
Viberでまだ通話してないのにもう表示されてる!なんて不思議だと思いますが
実はこれ通常の電話の発着信履歴が一緒に表示されているのです。
逆にViberで通話しても、スマートフォンの通常の電話アプリの発着信履歴にも表示されます。
このように連動して表示されることで、普通の電話とViberをシームレスに使うことが可能なのです。


↓続いてContacts、連絡先一覧です。Viberは自動的に端末の連絡先を読み込み、Viberを
インストールしているユーザーを表示してくれます。
上部のタブで「Viberを使っている人だけ「全員」「お気に入り」と表示を切り替えることが可能です。
もし表示されない場合はメニューキーを押してUpdate Contactsをタップすると
更新されて表示されるかも。
自分の場合は今のところiPhoneユーザーでViberを使っている友人が表示されました。
Viberのロゴをタップすればすぐに電話をかけることができます。


↓こちらはMessages、Viberユーザーにテキストメッセージが送信できます。
SMSみたいな感じですね。Composeをタップすると送る相手を選択できます。


↓最後はMore、設定などはこのタブでいじることが可能です。


・About
Viberのバージョン情報などを表示
・Invite Friends
本体のSMS機能を使って友達にViberを紹介する機能ですが
文字数制限がうんたらと出て実質使えません。普通にマーケットで教えてあげましょう。
・Share on Facebook
・Tweet about Viber
FacebookやTwitterでViberを紹介することができます
・Privacy policy
プライバシーポリシープライバシーポリシー。大事なことなので2回言いました。
・Deactivate account
Viberをやめたいときに押します。
・Setteing
Viberの設定


通常はそのままでも使えますが、更にViberを使いやすくするために設定を見てみましょう。



・New message popup
メッセージなどを受信したときにポップアップを表示する(○)
・Contact joined Viber
連絡先の中でViberに登録した人を通知する(○)
・Contact images
連絡先の画像を表示する(○)
・Show all contacts
連絡先の人を全員表示する(○)
・Vibrate dor messages
メッセージを受信したときにバイブレーションを使用する(○)
・Vibrate dialpad
ダイヤルパッドを押したときにバイブレーションを使用する(○)
・Show notification icon
通知バーにViberのアイコンを常に表示する(×)
・Bluetooth handsfree
Bluetoothヘッドセットを使用する(○)
・proximity sensor
近接センサーを使用する(○)

○がついているものがチェックを入れているものです。私は上記のように設定して使っています。
通知バーにViberのアイコンが常に表示されるのは鬱陶しいのでそれを解除した以外は
すべてONにしています。こんな感じにすれば快適に使うことが出来るはずです。

タスクキルアプリを使っている方はViberを除外するのを忘れずに。

実際にViberを使用しているイメージはこちら。






というわけで待ちにまったViber for Android正式版が公開されました。
ここまでべた褒めなViberですが、私がViberで友達と通話してみたところ、
メッセージを送っても遅れて相手に届いたり、電話かけても相手無反応(逆もあり)があるので
なかなかうまく使えてません。一度繋がってしまえば快適に通話できるんですけどねー。
たぶん常駐アプリがOSのメモリ管理の関係でキルされてしまっているような
気がするんですがどうなんでしょう。ここが解決してくれれば正真正銘の神アプリなんですが。


iPhoneユーザーの方もインストールしていない方はこの機会にインストールしてみてください。
いい時代になったもんだなぁ。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

4 コメント:

  1. もう消えてる…

    返信削除
  2. 消えてませんよー?

    返信削除
  3. ギャラ2ですが、マーケットで検索やリンクでジャンプしてもアイテムが見つかりませんって出ます…

    返信削除
  4. PCからインストールする方法ではダメなのでしょうか?
    https://market.android.com/details?id=com.viber.voip
    こちらで開けると思います。

    返信削除

このブログの最新記事