ライフハッカー主催 新製品「LaVie Touch LT550/FS」タッチ&トライイベントに行ってきました

2011年10月1日土曜日 16:20

9月30日に開催されたNECから10月6日に発売予定のタブレットPC「LaVie Touch LT550/FS」のタッチ&トライイベントに行ってきました。





場所は 赤坂ガーデンシティ 18F ベクトルラウンジ (株式会社ベクトル内)です。


大きな地図で見る

4人掛けのテーブルに一台づつ「LaVie Touch LT550/FS」が鎮座されておりました。


まずはNECの漆原さんから「LaVie Touch LT550/FS」の商品説明をしていただきました。


今回の「LaVie Touch LT550/FS」の特徴はこんな感じ。


・2wayスタイルのWindows 7スレートPC
・マルチステーションに接続してデスクトップのように使える
・タッチ操作への工夫としてWindows 7そのままだと使いにくいので「EXTOUCH」というソフトで解消した(「EXTOUCH」がサイドに常に表示される。



・OneNoteのタッチ向けテンプレートも用意
・他のパソコンとホームネットワーク経由で接続しファイルの交換などが可能な「Network Duet」搭載
・OfficeがLaVie Touch用にリボンなどをタッチ操作に最適化してカスタマイズ。
・Webサイトで選択した領域をOneNoteへ簡単に保存

このようにタッチに対応しているWindows 7を更に使いやすく追求しているようです。


続いてLaVieTouchのOffice関連のカスタマイズを担当したマイクロソフトの方が登場。Windows Phone 7の宣伝もちゃっかりしていてさすが!と思ってしまいました(笑


このように、リボンUIもタッチに最適化されていたり、OneNoteとの連携も強化されているようです。
今回のモデルはただ「タブレットPCです!」というだけではなくソフトウェア面からもちゃんと考えられていて、しっかり使いやすさを求めているんだなということがわかりました。




一通り説明が終わってからは、ライフハッカー編集長と漆原さんトーク



・Windowsのソフトの数は他のスマートフォンアプリに比べて圧倒的→選択肢の幅がスゴイ
・年賀状を作るのはさすがにスマートフォンじゃまだ無理
・iPhoneを使っているとPCで出来ることとの違いにストレスを感じる
・スマートフォンはできることよりもできないことのほうが大きい
・WindowsタブレットはUSBホスト機能でUSB機器が普通に使える繋がる
・iOSやAndroidで出来ないユーザー切り替えがWindowsなので可能
・フルOSが動くタブレットというのは価値が大きい

このように、私がiPadではなくフルOSが動くタブレットが欲しくなる理由がすべて出てきてやはりなぁと感じました。なんだかんだでスマートフォンOSのタブレットでは出来る作業の内容が限られてくるので、仕上げは結局PCで・・・みたいなことになりうるわけです。その点今回のLaVie Touchなら仕上げまでこのタブレットで完結できてしまうのです。これはイイ!

というわけでさっそく実機を触ってみました。こちらがマルチステーションに接続した状態。
DVDドライブや無線接続のキーボードやマウスを使ってデスクトップPCのように使うことができます。


マルチステーションから液晶をガスッと取り外すとタブレットスタイルに。
広視野角の10.1型のIPS液晶(WXGA/ノングレア)は十分に綺麗でした。


最初の印象は「軽い!」
もうちょっとずっしり来るのをイメージしていたんですが、iPad1と比べても遙かに軽いと感じました。
ところがこれの重量は約729g。iPad1の680gよりも重いのです。なんでだろう。裏面が滑りにくい素材なのも関係ありそうです。
「Windows 7が動くタブレット=重い」というイメージが先行していたのもあるかもしれませんね。
そんなイメージを払拭してくれました。

裏面には着脱可能バッテリーを搭載し、約10.6時間のバッテリー駆動を実現。
そんなに動くのか!


タッチで操作するWindows 7はちょっと新鮮。ウインド操作などもタッチで操作しやすいようにカスタマイズされています。ボタンがデカイ。


Windows標準のキーボードは小さくて打ちづらいので調整してほしいところ。
LaVie Touch独自のキーボードは入っているのかな?


Yahooトップを開いてみました。


IEでピンチアウトズームをするとこんな感じ。
iPadなどのようにスムーズではありませんが、実用的にはまぁ問題ないかな。
スクロールが思ったよりスムーズで良い感じでした。



YouTube再生もなかなか綺麗に見ることができます。イチローすげー。




外側、端子類もしっかり装備。タブレットだからといって妥協していませんし、タブレットだから・・・とユーザーが妥協する必要もありません!




このようにUSBに繋げば色々な機器が普通に使えてしまいます。
プリンター、ドキュメントスキャナ、スマートフォン、iPhone/iPod、ウォークマン、etc...
それはWindowsがフルで使えるからこそですね。iPadやAndroidタブレットで苦労していたのが嘘のように便利なのではないでしょうか。

まとめ・この端末はどんな用途に向くのか?

これ意外と今まで家にタブレット端末なんてなかった&タブレットに興味ないユーザーに向くんじゃないかなぁと思いました。中身はWindowsなので今までのPCとほぼ同じ操作で新しく操作を覚える必要もないし、タブレットとして家の中で使ってみたら「便利じゃん!」とタブレット分野に興味を持ってくれるかも。
iPadやAndroidタブレットやライトユーザーにありがちな「これできないのー?PCじゃ簡単にできるのに」も無いので、教える立場の人も楽なんじゃないかと(笑)
あとはアウトプット重視な人ですかね。「俺はiPadのかっこいいUIが使いたいんじゃない!コンピューターで仕事がしたいんだ!」という人。これならいけますね。

まぁ細かい動きやUIなどがiPadやAndroidタブレットに比べて洗練されているとは言えないと思いますが、その答えとしてWindows 8が来ると考えればWindowsタブレットの分野はかなり期待できると思います。自分もAndroidタブレットを買おうかななんて考えていましたが用途的にもWindowsがフルで動いたほうがやはり便利なんですよね。Windows 8まで待ちかな?


イベントの後半では料理が振る舞われたり、自分は隣の席の女性とNECのイベントなのにVAIO談義(えっ)をしたりととっても楽しかったです!


LaVie Touchケーキも!


今回いただいたおみやげはこちら。
・バザールでござーるクリーナー
・ライフハッカー缶バッチ



オシャレで楽しかったイベントでした。ありがとうございました。
詳しいスペックなどは公式サイトなどをご覧ください。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事