6秒間限定!Twitterが新しい動画共有サービス「Vine」をリリース、最速アプリレビュー

2013年1月25日金曜日 7:00

Twitterは、ユーザーが短い動画を簡単に共有することができる
iPhone向け動画共有アプリ"Vine – Make a scene"をリリースしました。



ビデオ版Instagramとも言える動画共有アプリ系は、じわじわと人気を集めてきており、既に有名どころだと"SocialCam"がありますが、今回のVineの主な特徴は「6秒間限定動画といったところでしょうか。

実際に使ってみました。





タイムラインを表示すると、いきなり動画が再生されるのが今までになくて斬新です。
動画はループで再生されます。

面白いのが撮影方法。
ファインダーをタップしている間だけ撮影、指を離せば一時停止されるので
撮影しながら編集している気分になります。
上のバーが残り時間を表しており、最低3秒間撮影すればアップロードが可能です。
それがゆえに撮影は一発勝負なので結構難しいかも。

そして良いなと思ったところが撮影途中にホームボタンでホームへ戻っても、アプリが落ちない限りはずっと撮影が一時停止したままなので、場所を移動しながら動画を撮影していくなんてことも可能です。これは素晴らしい!

撮影した動画にはコメント(タグ可)、位置情報を付加することが可能で、
共有先は今のところVineとTwitter、Facebookのみです。Instagramとほぼ同じ感覚で使えます。
撮影した動画はカメラロールにも保存されますよ。

Twitterに投稿された動画はツイートの詳細表示で
見ることができます。

僕は動画が6秒間だけっていうのがすごく好きですね。
SocialCamは長い動画もあるので、観るのにどっしり腰を据える感があったのですがVineは気軽に、それこそGIF動画を見るかのような気軽さがあります。なんだか動画というよりかは動く写真と言ったほうが近い気がしてきました
可能性を感じます。

今後は撮影時にフラッシュが使えるようになったり、フィルター機能、端末に既に保存されている動画から6秒間動画を作る機能なんて増えたら良いなと感じました。

Androidでも使えるようになったのでユーザーが増えると良いですね。



アプリのダウンロードはこちらから

iOS
無料
(2013.06.04時点)
posted with ポチレバ
Android

Vine 1.0.1
カテゴリ: ソーシャルネットワーク
Google Playで詳細を見る
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事