iPhone 5はカメラレンズ内部にゴミが入りやすい?/アップルストアで新品交換してきた

2013年1月22日火曜日 21:19

予約すっぽかした歯医者の再予約はなかなか先延ばしにするのにアップルストアのジーニアスバー予約はさっさと済ませる(@yamkei)です。
ある日、ふとiPhone 5のカメラを起動すると写真にゴミが何カ所も入っていることに気付きました。


白い壁を写してみると赤い丸で囲ったところを中心に20箇所以上もゴミが確認できます。
矢印いっぱい気持ち悪いですね・・・。


隙間という隙間からエアダスターを吹いてみましたが効果なし。
あのしっかりした剛性のボディのどこから埃入るのか不思議でなりません。埃怖い。
私はデジカメでも同じような経験があるのでカメラレンズと埃は永遠のテーマですね。
どこか絶対にレンズ内にゴミが入らないカメラ作ってくれないかな・・・。


アップルストアに持っていく


もちろん保証期間内で無料交換してくれるはずなので
渋谷のApple storeに行ってきました。
あらかじめジーニアスバーに予約を入れておいたのでスムーズ。
auの契約書など特に持って行くものはなく、iPhone 5本体だけ。
シリアルで全部判断してくれるみたいです。すさまじく便利ですね。

お兄さんに症状を説明すると、ロクに実機の画面も見ずに「ゴミ入りやすいんですよね〜ハハッ」といった感じで交換作業に入ってくれます。


それにしてもiPhoneの初期化をする設定画面まで流れるように操作するお兄さんの手捌きにちょっと感動してしまった。当たり前っちゃ当たり前なんだけどアップルストアすげえ。ジーニアス!


交換完了!



というわけで新品交換(たぶん整備品だけど)されて新しくなったiPhone 5ちゃん。
レンズ内のゴミがばっちり無くなっています。本体のキズやバッテリー劣化もこれでリセットされるのだから修理が交換のみっていうのはすごいなって思っちゃう。

店員さんも言っていた通り、iPhone 5はカメラレンズの中にゴミが入りやすいようです。
検索すると、結構症例が出てくる。
だからといって気をつけようもないのですが(そもそもケータイにそんなに気を使っていたら疲れる)、
ちょっとでも異変を感じたら保証期間内にアップルストアへ持って行くのが吉。
致命的ではないものの、大事な写真にゴミがレイヤーされてたら悲しいよね。


それと、普通に使っていると意外とゴミには気づきにくいものです。
ゴミが入ってるかはどうかは白い壁などにカメラを向けるとわかりやすいので
ぜひあなたのiPhoneもチェックしてみてください。保証が切れてる方はドンマイ。
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事