"Surface Pro"をデジタルノートとして活用~Evernoteとデジタイザペンの組み合わせがすこぶるイイ!~

2013年5月17日金曜日 19:20


こんにちわ、サーフェイーサー(?)やむけい(@yamkei)です。

最近、シャープの電子ノート端末「WG-N10」や手書きに特化したタブレット「enchantMOON」、ソニーの書き込めるデジタルペーパーなど、「手書き」端末が話題です。

先日私が購入したマイクロソフトのWindows 8 Pro搭載タブレット『Surface Pro』にもワコムのデジタイザ技術が内蔵されており、付属のデジタイザペンで画面を操作したり、手書きで文字や絵を書いたりすることができます。

また、Windows 8アプリは指のタッチ操作に最適化されていますが、Surface Proで使える従来のデスクトップアプリケーションでは必ずしもタッチ操作に最適化されているわけではないため、小さいボタンの操作などがどうしても難しい場面が出てきます。そこで細かい操作ができるデジタイザペンの存在は非常に有用でした。


ともかくペンで画面に文字を書くのがすごく楽しい

スマホってGALAXY Noteとかを除いて基本的に指で操作しますよね。それに慣れきった身からするとデジタイザペンで液晶画面にラクガキ感覚で文字や絵を書いたりするのはすごく新鮮で楽しいです!

音もリアルに再現されている。爪でひっかきモードも・・・(((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル

↑こちらは『黒板』というWindows8アプリ。指でも書けますが、ペンで書くともっと楽しいです。


手書き文字認識も優秀


「手書き認識が優秀すぎ子」とは

Windows 8に搭載されているMicrosoft IMEのソフトウェアキーボードには、すらすらと手書きで入力できるモードがあります。この文字認識がとても優秀で、↑上の動画をご覧の通り、書き順が違ったり、ちょっと字が崩れていてもしっかり認識してくれるのでかなり実用度が高いです。動画の中で最後に書いた「る」と「子」の微妙な認識の違いにも注目。無駄に筆圧を感知してくれたりとかなり出来る子であります。


パレット上で間違えて文字を書いてしまった場合は、そのまま上から書き直すこともできるし、Surface Proの付属のテジタイザの場合はペンのおしりで消すこともできます。デジタイザペンって高機能!

Windows 8をお使いの方はタッチ非対応のPCでもマウスで手書きが使えるのでぜひ試してみてください。
最近漢字が書けなくなってきたので、PCの入力も全部手書きにしようかしら・・・(笑)


Surface ProをEvernoteでデジタルノートとして使う

前置きが長くなってしまいましたが、Surfaceのタブレット形状と高性能なデジタイザペンを組み合わせるならば、ここはぜひデジタルノートとして生かしたいところです。というわけで、みんな大好きEvernoteで手書きノートとして使えるのか試してみました。
Evernoteで手書きノートを使う場合はデスクトップ版のEvernote for Windowsが必要になります。
Windows 8/RT用のEvernore touchというアプリやブラウザ版Evernoteでは残念ながら手書きノートに対応していません。


↑手書きで文字や図を書くときは、ノートではなく新規インクノートを選びます。


罫線の入った黄色いノートが現れました。ここにペンで自由に文字や図を書き込むことができます。線の太さや色も変更可能です。ペン先とインク文字の追尾性もなかなか良好で書きやすく、ペン先を画面に近づけることで、タッチでの入力が無効になるので手首を画面上に置いて安定させて書くこともできます


動画で書き味や使える機能をチェックしてみてください。


Evernoteで書くのも整理するのも完結するデジタルノート


Surface Proで手書きしたインクノートはそのまま画像として保存されるので、他の端末でも見ることができます。手書きノートアプリは他にもいくつか存在しますが、ノートを書くところから、保存して整理するところまでこれ一本で済むので、やっぱり使い勝手はEvernoteがイイナーと感じます。


以上のように、デジタイザを搭載したタブレットのデジタルノートとしての可能性は非常に高く、ラフスケッチを描いたりクリエイティブな場面でも活躍してくれそうです。しかもその環境がタブレットで気軽に持ち運べるんだから良い時代です。



ただ、Surface Proのバッテリー動作時間は4時間半程度なので、「学生が一日授業でノートを取るのに使う」なんていうのはまだまだ厳しいものと考えられます。そういう点を考慮すると、「バッテリー動作時間の長いSurface RTにもデジタイザ技術を採用してデジタイザペンが使えるようにしていれば、iPadやAndroidタブレットと更に差別化できたのでは」と残念に思います。


デジタイザペン、良い!

Windows 8を購入する際にタッチパネル対応PCを選ぶのが風潮になっていますが、個人的にはデジタイザペンが使えるかどうかも重要なポイントなってきているのではと思っています。タブレットの場合は特に。
ペンが使えると使い勝手が大きく向上します。まじで。

メーカーもわかっているのかデジタイザペンが使えるタブレットが続々と登場しています。タブレットの購入を考えている方はぜひデジタイザペン使用可能モデルをご検討!!


追記

ワコムのドライバがアップデートされ、Photoshopなどでもデジタイザペンが使えるようになりました。
ダウンロードはこちらから

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事