Surface Proが"10インチAndroidタブレット"に変身する『BlueStacks』でアプリを楽しもう #SurfaceJP

2013年6月8日土曜日 17:45


こんにちわ、サーフェイサーやむけい(@yamkei)です。

Surface Proの国内販売が開始されましたがみなさんもう手に入れましたか?
当ブログでもSurface Proのレビューをお届けしています。

【レビュー】2ヶ月間使ってわかった『Surface Pro(サーフェス プロ)』の良いところ悪いところ #SurfaceJP | Digital Grapher


その他、Surface関連の話題はこちら

そんなWindowsなSurfaceですが、今回はAndroidな話題をお届けします。
(BlueStacksバージョンアップに伴い追記編集しました)


Surface ProでAndroidアプリが使える"BlueStacks"

"BlueStacks"というソフトウェアはご存じでしょうか。
ズバリ、WindowsやMacでAndroidアプリが使えるエミュレーターです。エミュレーターといってもかなり実用的なもので、特にSurface Proでこれを使うと10インチサイズのAndroidタブレットのように使うことができちゃいます。色々な使い道がありますよ!


Surface ProでAndroidアプリを使う利点


Surface ProはWindows 8 Proを搭載しているので今までのWindows用ソフトウェアが使えるのはもちろん、ストアで配信されているタッチ操作が主体のWindows 8アプリも使えます。タブレット状態で使うにはこのWindows 8アプリが使いやすいのですが、iOSやAndroid比べて圧倒的に数で負けています。Kindleアプリで本を読むこともできませんし、タブレットで人気のFlipboardも使えません。

しかし、今回ご紹介するBlueStacksを使えば「豊富なAndroidアプリをSurface Pro上で使える!(かも)」というわけです。


導入方法


公式サイトからインストーラーをダウンロードします。

Run Mobile Apps on Windows PC or Mac with BlueStacks | Android App Player


ダウンロードしたら、通常の手順通りにインストールします。

(↓現在は必要ありません)
ただし、5月14日のグラフィックドライバのアップデートを実行しているとSurface ProでBlueStacksがインストール・実行できなくなる事象が発生しているので、既に導入済みの方はドライバのロールバック(更新のアンインストール)を行ってください。参考サイト

~グラフィックドライバのロールバック方法~

1.Windowsキー+Xを押してデバイスマネージャーを起動
2.ディスプレイアダプタの「Intel(R) HD Graphics 4000」を右クリックしてプロパティを開く
3.ドライバータブの「ドライバーを元に戻す」を選択


BlueStacksの使い方


↑インストールが完了したらBlueStacksを起動すると専用のホーム画面が現れます。
既にアプリやリンクがいくつか並んでいますね。画面の下には通常のAndroidタブレットのようにホームボタンやステータスバーが並んでおり、基本的な操作方法は同じです。

昔のBlueStacksはこんな感じだった

以前は↓こんな感じでBlueStacks独自のボタンが表示されていたのですが、Android4.0ベースになったおかげかずいぶんわかりやすくなりました。


アプリの導入でAndroidタブレットに近づける

デフォルトの状態でもアプリは使えるのですが、使い勝手をAndroidタブレットに近づけるため、色々アプリを導入していきましょう。まずはBlueStacksホーム画面の左上にあるSearchを押します。


サーチボックスが現れるので、ここでは人気ホームアプリの「Nova Launcher」をインストールしてみます。アプリの名前を途中まで入力したら「Search Play for nova」と書かれたアイコンをタップ。


「Googleアカウントでログインせよ」との指示の後にPlayストアが出てくるのでアプリをインストールしましょう。このへんも通常のAndroidと同じです。Nova Launcherがインストールできたらホームボタンを押してみてください。


ご覧のとおり、見慣れたホーム画面が登場しました。ここからはあなたの自由!

ちなみに、このままでは日本語入力ができないので、Google日本語入力などをインストールするのをお勧めします。すると日本語入力が可能になるほか、Surface ProのTouch/Typeキーボードでも日本語入力ができるようになりますよ!


Surface ProでKindle読んだり、Flipboardしたり、ShootingStarしたり



↑特に設定をいじらずKindleで書籍を表示した状態。Surface ProでKindleの本が読めます!


↑タブレットで人気のFlipboardもいい感じに。この前イベントでWindows 8版は開発してないって言ってたなぁ・・・。(Windows 8版Flipboardが先日リリースされました)


↑こちらは非公式のShootingStar for tablet。UserStreamもばっちりです。


これは遊べる!

所詮エミュレーターなので動作は所々重かったりするのですが、Kindleのように実用的に動くものが大半です。以下に起動から適当に触ってみた動画を置いておくのでご覧ください。(この動画は旧バージョンです。現在はもっと動きが良くなっています。)



その他の動画はこちらを。



まとめ

エミュレーターということで若干バッテリー消費が激しい気がしますが、発熱はそこまで感じられず。いやー、Windows 8が動くタブレットは本当になんでもアリですね。どうしてもAndroidアプリを使いたいときに有効活用していきたいですな。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事