1,580円で月2GBまで高速通信できるMVNOの"BIGLOBE LTE・3G"をNexus 5で使ってみた

2013年11月15日金曜日 17:55


やむけい(@yamkei)です。
先日購入したNexus 5ですが、Wi-Fi運用だけではもったいないと思ったので最近流行りの格安MVNOでSIMを挿すことにしました。

各社色々なサービスがあるのですが、今回は値下げが発表された"BIGLOBE LTE・3G"を契約してみました。その中でも今回契約したライトSプランというサービスの特徴は

・月2GBまでドコモのLTE・3Gで高速通信が可能(それ以降は128kbpsに制限)
・月額1580円(開始月は手数料3150円のみ)
途中解約可(縛りなし)

こんなところでしょうか。以前は1980円で月1GB(それ以降は128kbpsに制限)という内容だったのが改定されてこのようなサービスになったそうです。

特に今回契約の決めてになったのが"縛り無し"という点。いらなくなったらいつでも解約できるのです。先日宣戦布告した日本通信のデータ通信無料SIMよりもこちらのほうがよっぽど画期的な気がします。


選べるSIMカードサイズ


SIMカードはnanoSIM、microSIM、SIMから選ぶことができます。


今回はnanoSIMカードを注文したので、Nexus 5には通称「SIM下駄」と呼ばれるアダプターでmicroSIMに変換してやる必要がありました。



APNを設定すればすぐに使えます

BIGLOBEから2日で届いたSIMをNexus 5に差し込んだら設定の無線とネットワーク→その他→モバイルネットワーク→アクセスポイント名と進み、APNを設定します。説明書が同梱されているので簡単です。

ちなみにBIGLOBE LTE・3GのAPN設定はこちら。

項目例(例)設定内容
APN(接続先)biglobe.jp
ID(ユーザー名)user
パスワード0000
認証方式CHAP または PAP
PDP TypeIP()PPPは対応なし


実際の速度を測ってみた


何回か計測してみて大体こんな速度になります。これは場所によって変わると思いますが、MVNOってもっと速度が落ちるもんだと思っていたのでびっくりしました。

まぁ通信料が月2GBを超えてしまうと速度が落ちてしまうので、あくまでサブでライトな使い方をするとなると、こんなに速度が出てもあまりメリットはないのかもしれません。しかし空いているSIMフリーな端末を外でも不自由なく活用できるのはかなり嬉しいです。一部で話題のセルスタンバイ問題も今回は実感できませんでした。要検証。

なにより、いつでも解約できるので気軽に試せます。興味がある方はお試しを。

BIGLOBE LTE・3G:トップページ


更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事