【3.11】実は意味があるPowerPoint 2013の新しい画面切り替え効果「(鶴の)折り紙」

2014年3月10日月曜日 23:00


Microsoft Office 2013の「PowerPoint 2013」には、アニメーション豊かな新しい画面切り替え効果が数多く採用されています。以前からPowerPointを使いこなしている方は、「新しいのはすんげーぬるぬる動くな」なんて思ったことでしょう。



そんな新しい画面切り替え効果の一つに、ページが折り紙の鶴になって飛んで行くユニークな「折り紙」というものがあります。(2分4秒頃から


個人的には「折り紙の紙飛行機アニメーションがあるのになんで鶴まで?」と思っていたのですが、実はこれ東日本大震災への追悼の想いが込められています。

なんでも、海外のOffice開発担当の方が震災時に「何か俺達にできることはないか」と考え、平和願いが叶うといった意味合いのある鶴をアニメーションに追加したそうです。「ORIGAMI」は日本発祥ですもんね。本当に小さいことなのですが「そんなところにそんな想いが込められていたのか!」と面白く感じると共に、なんだか温かい気持ちになります。

この話は以前出たイベントでマイクロソフトの中の人に教えていただきました。ググってもこの話題が出てこないので備忘録としてここに書き記しておきます。

以上、超小ネタでした。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事