Android Wearに対応したLINEはこんな感じで使える

2014年10月28日火曜日 13:54


実は皆さんご存知の「LINE」、10月上旬のアップデートでAndroid Wearに対応しています。


トークが飛んでくるとAndroid Wear側にも通知が飛ぶのは従来通りですが、ここから左に通知カードを左にスワイプすることで返信ができるようになりました。


返信をタップするとそのまま音声入力待機状態になるので、声で文章を入力することができます。残念ながら、スタンプでの返信や、新規のトーク立ち上げはできません。まぁこれはできなくても良いと思います。スマホ取り出しましょう。


音声入力が完了すると、少しのバッファ後に送信されます。間違った音声認識がされた場合はキャンセルする余裕があるということです。

声で返事というのはちょっと外で使うのは厳しいところがあると思いますが、自宅や、多人数でいるとき、車の中なら大威張りで使えると思います。


対応早かったですね


LINEは対応OSの豊富さを見るに、デキるエンジニアが多いと勝手に想像していたのでAndroid Wearにも割りと早く対応してくれると信じていましたが、やっぱりやってくれました。

正直、Android Wearは今のところ「なくても困らないけど、あるとちょっと便利」という製品なので、こういった使用頻度が高い「LINE」のようなアプリで普段から有効に使えるようになると、「買って良かったなぁ偏差値」が着実に上がっていくのが実感できて、とても良い感じです。


先日のau発表会では、円形ディスプレイ搭載モデル第二弾(国内では初)の「LG G Watch R」が12月上旬から発売することが発表され、ますます盛り上がりそうなAndroid Wear界隈――興味がある方はぜひチャレンジしてみては?

所有する喜びを感じる――日本未発売、円形で限りなく普通の腕時計に近いAndroid Wear「Moto 360」購入レビュー | DIGITAL GRAPHER


更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事