【レビュー】2重構造で本体を守る「SPIGEN iPhone 6 ネオ・ハイブリッドEX」

2014年11月8日土曜日 13:37


iPhone 6発売から約一ヶ月、皆さんお気に入りのケースは見つかりましたか?

え?見つからないからつなぎで買ったしょぼいケースのままだって? じゃあ思い切って、有名定番メーカーの定番商品を買ってみるのはいかがでしょう?



iPhone 6 ネオ・ハイブリッド EX」はiPhone/スマートフォンアクセサリで有名な「SPIGEN」というメーカーが発売しているバンパータイプのiPhone 6ケースです。


カラーバリエーションは全7色! 今回はその中からダンテ・レッドをSPIGENさんにご提供いただいたので、さっそくiPhone 6に装着してみました。



装着してみた


こちらがバンパー本体です。実はこれ、黒い部分と赤い部分が別れる二重構造になっているのです。


黒い部分は柔らかいTPU素材になっています。この柔らかい部分が衝撃を吸収してiPhone 6を守る役割を果たしているのでしょう。バンパーをiPhone 6に装着する時は先に黒い部分を本体に取り付けてから、最後に赤い部分をはめ込みます。装着も簡単です。


デザインは?



赤と黒とシルバーの組み合わせはいかがでしょうか。個人的にかなりマッチしていてカッコイイと思います。後ろのSPIGENロゴがある、出っ張った部分が地味にアクセントになっていて、こだわりを感じます。


こちらは正面から見た図。


カメラの段差もうまくカバーされるので、テーブルに置いたときに安心です。


イヤホンジャック、Lightning端子、スピーカーは大きめの穴が開いているので、様々なサイズのケーブルでも安心して差し込めそうです。


そして、一番良いなと思ったのがメタルボタンの押しやすさ。カチッカチッというしっかりしとした押し心地が生まれるので、なんと裸のときよりも押しやすくなりました。素晴らしいです。


持ちやすさは?



バンパーの手が触れる赤い部分はポリカーボネート素材でツルツルしています。本体に装着すると横幅が増えるので、握り心地は変わります。持ちづらくなるかなーと思いましたが、iPhone 6自体が元々細いので、そこまで影響は感じられませんでした。これで落下時の衝撃から守ってくれるなら許容範囲という感じです。

そして、バンパーケースを装着すると、背面部分とバンパーに段差ができるので手に持ったときに引っかかりができてグリップしやすくなるメリットがあると個人的に思いました。


バンパーってiPhoneの面はどうやって守るの?


バンパータイプのケースって言わば枠部分をカバーするものなので、iPhoneの面部分はカバーしません。カバーとして気になる方もいるかもしれませんね。

iPhone 6 ネオ・ハイブリッドEX」には、液晶保護シートと背面保護シートが付属しています。これを貼ることで、iPhoneのデザインを損なうことなく、傷からばっちりガードすることが可能です。



価格はAmazonで約3200円と若干高めですが、たしかなクオリティで人気のモデルです。お試しあれ。
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事