564ppiを誇る、5.2インチWQHD(1440×2560)ディスプレイ搭載!「ARROWS NX F-02G ブロガーキックオフ会議」に参加

2014年12月10日水曜日 20:36


11月19日にNTTドコモから発売された、「docomo ARROWS NX F-02G」を富士通さんから提供いただき、連載でレビューを書くことになりました。


というわけで、12月9日に浜松町の世界貿易センタービル内にある富士通まで、端末を受け取りにお邪魔してまいりましたよ!


カラーバリエーション

受付を済ませると、すぐにクジ引きで受け取る端末のカラーを選択。F-02Gはカラーバリエーションが(ブラック/ホワイト/オレンジ)の3色あるのですが、自分はホワイトに決定。ほんとはブラックがオレンジが良いな~なんて思っていたのですが――


というのも、シンプルなカラーであるブラックの背面は独特なテクスチャデザインが施されていて、かなりクールな感じに仕上がっており、もう一方のオレンジのほうは単純に派手で鮮やかなのがカッコイイなーと前々から興味があったのです。男性陣にはググッと来るカラバリですよね!



とかいいつつ、ホワイトの白ベゼルを見ていたらどうでもよくなってきました。実は新色が魅力だったXperia Z3を買う時も、定番の白を買ったくらい自分は白ベゼル好きーなのです。F-02Gのホワイトは若干パールホワイトに近いカラーとなっており、光に当てると綺麗にキラキラします。いい感じです。

ちなみに今のところ、ブラック、ホワイト、オレンジの順で売れているようです。定番カラー強しって感じですね。カラーバリエーションや本体デザインについてはまた別記事で詳細にご紹介したいと思います。


ARROWS NX F-02Gの売り

F-02Gのテーマは「世界最高峰の高精細ディスプレイと超高速通信で想像を超える感動がここに」これに尽きます。

公式サイトより)

1440×2560ピクセルもの解像度を持つ5.2インチWQHDディスプレイは、ホーム画面を見るだけでは正直他のスマホと差が分かりづらいかもしれません。しかし、プリインストールされたサンプル動画を見てみると……驚きました。映像が立体的に見えるのです。

以前、WQXGA(2560×1600ドット)のSuper AMOLEDディスプレイを搭載したGALAXY Tab Sや、お店で初めて4Kテレビを見た時に感じた、「高精細すぎて3D映像ではないのに絵が立体的に見える感覚」が手に収まるスマートフォンで体感できてしまいました。ちょっぴり感動。


一般的なフルHD解像度を持つスマートフォンと比較してみましたが、写真では伝わりません。これは実際にお店でサンプル動画を再生して見て欲しいですね。



ドコモのホームアプリは使いづらくてすごくイライラしますが、上のような手順でサンプル動画を見ることが出来ますよ。ぜひ実際に触ってみてください!

他の売りポイントは別記事でご紹介します!


お土産と、厳正なレビューについて


今回頂いたお土産はF-02Gの他に、急速充電2に対応したACアダプター05も入っていました。買おう買おうと思っていたのでかなり嬉しいです。

docomo ACアダプタ05 急速充電【 ドコモ純正】
NTTドコモ
売り上げランキング: 896

そして中でも異彩を放っているのが、「富士通リフレ厳選素材ビーフカレー」でしょう。「なぜカレー?」という感じですが、これは富士通の社員食堂のカレーを再現してレトルト化したもの。通常は工場内の売店などで購入できるそうですが、なんと!全国のドコモショップで行われる2014-2015冬春モデルARROWSタッチ&トライイベントに参加するともれなく貰えるそうです。気になる方は最新のARROWSに触るついでに貰いに行くのもいいかもしれません。詳細はこちら

また、今回は端末の無償提供を受けていますが、「ステマしまくって良いことだけ書いてね!カレーあげるから♪」というわけではなく、F-02Gをより実用に近い普段使いのメイン機にしてレビューしてほしいという想いからこのような形になっています。

なので、良いところから悪いところまでしっかりご紹介する予定です。他の方のレビューは「ARROWS@」で見ることもできるので、そちらもぜひ!

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事