(前編)新型は質感大幅アップ!ソニー・エリクソン Xperiaワールド タッチ&トライ ブロガーミーティングに行ってきました ~Xperia acro HD~

2012年1月18日水曜日 6:21



17日に開催されたソニー・エリクソン Xperiaワールド タッチ&トライ ブロガーミーティングに行ってきました。 選考で50名の枠に入りこむことに成功したのでイベントレポートしたいと思います。


会場はベルサール半蔵門です。

 
大きな地図で見る

今回のイベントでは先日CES 2012で発表されたばかりで、もうすぐ日本でも発売される
「Xperia NX SO-02D」と「Xperia acro HD SO-03D」にいち早く触ることができました。


ソニー・エリクソンはソニーに買収され、ソニーモバイルコミュニケーションズに
生まれ変わるということもあり、注目です。

さっそくイベントの冒頭では、ソニーエリクソンのマーケティング部統括部長の金子さんから
Xperia NXとacro HDについての説明がありました。


・今回の新しいXperiaは第三世代目であるということ
・Xperia NXは所有する喜び、デザインを重視する方へ
・Xperia acro HDはスマホが初めての人も安心して使えて、日本独自機能もしっかり搭載

こんなことをお話されてました。あとは基本的な紹介だったので
それぞれ以下のプロモーションムービーを見て頂ければと思います。




イベントの後半はタッチ&トライの時間。
というわけでさっそく実機を触ってきました。
ちなみに、今回並んでいた端末は製品版ではなく、開発中の端末なので
変更される可能性があります。ご了承ください。

まずはXperia acro HDから。



手に持ってみると、今までのXperiaに比べて質感がかなり向上していることがわかります。
プレスリリース時の本体写真を初めて見たときに「なんか安っぽそう・・・」と感じた人が
結構いるかと思います。

↓これ

が、良い意味で裏切られました。
ボディの周囲を巡る金属調のフレームの手触りがさらさらしていて、なおかつ適度な重量感があるので高級感があります。
今までのXperiaシリーズのような「プラスチック!」という感じから一変していてこれは良い。

指紋を拭き忘れたXperia arcとツーショット。



acro HDの特徴といえばガラケー機能。ワンセグ赤外線Felicaに対応しています。
上からロックボタン、ワンセグアンテナ、私の人差し指あたりに音量キー、そしてシャッターボタンがある。
反対側にはmicroSDスロット。



本体上部にはHDMI、イヤホン、USBの端子類が並びますがすべてパッキン付きのキャップで
保護されています。防水対応ならではですね。


そして気になるのが中身。ちょっと操作してみたのが下記の動画になります。
デュアルコアが効いているのか、ヌルヌル動いてくれます。ストレスなし。
中身はAndroid2.3なので「これぞ!」という目新しいところはなかったかな。



そしてなにより一番気になっていたのがタッチパネルの感度!
新型以前のXperiaではタッチパネル自体の感度がイマイチで、指を意識して動かさないと
うまく操作できずストレスの一因になっていたんですが、新型ではとっても良くなっています。

Xperia arcとacro HDを同時にほぼ同じ感覚で操作してみたのが下記の動画です。
ホーム画面を左右にフリックする時に、acro HDのほうがしっかり操作できているのが
わかるでしょうか・・・?



この微妙な差が操作する上でかなりの違いを感じさせられます・・・。
特に自分は前にGalaxy SやiPod touchを使っていたこともあり、Xperia arcに変えてからは
かなり気になっていた点です。
ここが改良されたことがわかっただけでもかなりの収穫でした。素晴らしい!


Xperia acro HDはスマートフォンのベーシックな部分をしっかり進化させており、
非常に使いやすくまとまった良い端末だと思いました。

今までは使いやすいスマートフォン(動作の機敏さやハード面で)を選ぶには
携帯キャリアの中でも一番ハイスペックなグローバル端末を選ばざるおえない(日本メーカーは論外)ような状況だったと感じていましたが、そんな現状をこのXperia acro HDが打破してくれるじゃないかと期待しています。

Xperia acroはグローバルモデルを好んで使うスマートフォンオタク(俺か)ではなく、ガラケー機能を重視するような一般ユーザーが購入するイメージがあります。
Xperia acro HDはそんな一般ユーザーが満足できる端末です。
動作を軽くするために苦労してカスタマイズして・・・なんてことはしなくてもOK。

メーカーもAndroidに慣れてきたのかスマートフォン業界全体で端末の完成度がかなり上がってきており、
どれを選んでもちゃんと使える、満足できるような環境にやっとなってきたのかなと。
携帯キャリアがスマートフォンを中心に売り始めた頃の当初の端末とは比べられないようなレベルですね。
本当の意味(みんなが満足できる)でスマートフォンが普及するのは実は今年からなんじゃないかな?
そんな中でacro HDは前機種がかなり売れて人気だったこともあり、
今回も結構受けるんではないかと思っています。
2010年頃にスマートフォンを買い、今年機種変更なタイミングの方はぜひ触ってみてください。
進化にびっくりすると思います。

Xperia acro HDについてはここまで。
Xperia NXなどは後半に続きます。
acro HDと共通と思われる実機のカメラで撮った写真などもあるのでぜひどうぞ。


(後編)新型は質感大幅アップ!ソニー・エリクソン Xperiaワールド タッチ&トライ ブロガーミーティングに行ってきました ~Xperia NX~


この記事はソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ株式会社のイベントをレポートしたものであり、
私の個人的な意見を書いたものです。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事