13種類のフィルターや手ぶれ補正が使える!動画に対応したVideo on Instagram(ビデオ オン インスタグラム)

2013年6月21日金曜日 10:03


やむけい(@yamkei)です。
フィルターが使える正方形の写真共有アプリとして有名な"Instagram(インスタグラム)"がバージョン4.0のアップデートでついに動画へ対応しました。

こちらは公式のプロモーション映像。



いろいろな用途が想像できて楽しいですね!


使い方は簡単







アプリを起動して撮影モードに移行すると、ビデオのアイコンが追加されているのでそれを押すか、横に全体をスワイプすることでビデオ撮影モードに移動します。















赤いボタンを押している間だけ上にある青いバーが右に伸びて撮影することができます。最大15秒間の撮影が可能です。CMみたいですね!














Twitterがリリースしている6秒間の動画共有サービス"Vine"と違ってInstagramの動画は直前に撮影したクリップの削除が可能です。













もちろんInstagramでおなじみフィルター機能も13種類使えます。画角が狭くなりますが、ソフトウェア処理の手ぶれ補正も可能!高機能です。













最後にサムネイルにする場面を選んでFacebook、Twitter、メール、Tumblr、Foursquare、mixi(!)へシェア可能。今までの写真感覚で気軽に動画をいろんな人に観てもらうことができます。撮影した動画はカメラロールにも保存されます。

Foursquareでお店にチェックインするのと同時に動画でお店のリアルな雰囲気を伝えるのに使ってみたい!







動画をInstagramで撮ってみた

gori.meさんのこの記事がInstagramをブログに埋め込むのに参考になりました。


人気写真共有アプリが動画対応する意義

今回ご紹介したVideo on Instagramのような細切れ撮影タイプの動画アプリはTwitterが『Vine』というサービスで先行しており、Instagramもぶっちゃけ真似したんだと思います。

このVine、リリース当初は話題になっていましたが今はあまり人がいない印象。使っている人もあまり見ないですね。
しかし、Instragramはご存知の通り既に多くのユーザーを抱える超人気アプリです。「長い物には巻かれろ」というか、わざわざVineのアプリは起動しないけどInstagramなら起動して見ちゃうよねーという話。フィルター機能や手ぶれ補正など機能面も充実しているし完成度も高いので多くのユーザーに受け入れられやすそうです。
と思ったけどAndroidは今のところ4.1以降しか動画撮影使えないのね・・・(見ることはできる)。今後対応するらしいので期待です。

競合するTwitterのVineと真っ向勝負となりそうなサービスですが、いちユーザーとしてはもうVineは使わないかなぁ。


今回のVideo on InstagramやVineのような、撮影するその場で動画を繋げて時間制限のある動画アプリは独特の面白さを持っています。YouTubeに投稿するみたいに肩肘張らずに使えるのが魅力です!まだ使ったことのない人はぜひ試してみてね。

iOS


Android
Instagram 4.0.1
カテゴリ: ソーシャルネットワーク
販売元: Instagram
サイズ: 16M
インストール数:
更新日: 2013/06/20
対応OS: Android2.2 以上
平均評価: 4.6 (4,609,581件の評価)
Google Playで詳細を見る
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事