大きくて使いづらいあなたのスマホを片手で使いこなす!「ジェスチャー」を活用しよう!

2013年11月25日月曜日 23:19

こんにちわ、やむけい(@yamkei)です。
最近のスマートフォンはどんどん画面の大型化が進み、それに伴って本体サイズも大きくなってきました。と、そんなことはもう言い尽くされてきたわけですが、僕も最近手に入れたNexus 5を使っていると、改めてデカイ端末は持ちづらいなぁと実感した次第であります。男性はともかく女性はすごく扱いにくいんじゃないかな。うんざりしている人も多そう。そりゃ片手に収まるiPhoneの人気が衰えないわけだ。


片手で操作できないならタブレットと一緒じゃん





もう少し正確に言うと、持ちづらいのではなく"片手で操作を完結できない"という点に不便を感じるわけです。大きいボディを持つ端末では親指が画面の上部に届かなかったり、片手で通知領域を引っ張ってこれなかったり・・・。

公式のTwitterアプリみたいに押しにくい上部にボタンが配置されているアプリもありますよね。スマホ本体にメニューキーがない端末は代わりのボタンが右上に表示されたりも。押しづらいよね。

よく使うロックボタンが上にあって押しづらい

本体が大きいことで発生するこの問題は、スマホ本体にあるボタンの押しづらさも誘発していること多いです。指を伸ばそうとしてスマホを落としそうになったりしてしまうことがよくあります。

そこで、僕はいくつかのアプリやグッズを組み合わせることで、本体サイズが大きい端末でもそれなりに片手で使えるように工夫しています。今回はそのテクニックをちょこっとご紹介したいと思います。


ホームアプリのジェスチャー機能を活用する


Androidでアプリのアイコンやウィジェットを置けるホーム画面って、実はアプリの一種で、Playストアにある様々な純正以外のホームアプリをインストールすることによって見た目を大きく変えたり、機能を追加することができます。

Nova Launcher Prime 1.1
カテゴリ: カスタマイズ
販売元: TeslaCoil Software
サイズ: 22k
インストール数: 500,000~1,000,000
更新日: 2013年8月17日
対応OS: Android4.0 以上
平均評価: 4.8 (48,524件の評価)
Google Playで詳細を見る


僕が使っているのはNova Launcher PrimeというAndroid 4.xに最適化された超人気ホームアプリ。見た目はAndroid標準のまま色々な機能を追加しているタイプのため、とりあえず最初にこれを入れておけという感じで人気です。

そして中でも、このホームアプリの設定に「ジェスチャー」という項目があり、様々な指の動きに対して機能を割り振ることができるという僕のお気に入り機能があります。

例えば"下にスワイプ"の項目を"通知バーを展開"に設定すると、ホーム画面上ならどこでも指を下にスワイプさせれば通知バーを開けるようになったりして大変便利なのです。

他にはホーム画面上をダブルタップしたときにScreen Off and Lockというアプリが起動するように設定すれば、ロックボタンへ指を伸ばさなくても画面の消灯ができるようになります。これもジェスチャーで設定可能です。

で、それらを設定するとどんな動きをするのかというとこんな感じ。



指が難なく届く真ん中で下にスワイプすると通知バーが開き、ホーム上をダブルタップで画面が消灯しているのがわかると思います。けっこう軽快に使えてるように見えますかね?このようにジェスチャー機能を色々組み合わせることで、最小限の指の動きで色々な操作ができるようになるのです。

ジェスチャー機能が使えるNova Luancher Primeは有料なので、どうしても無料で使いたい方は同機能があるApex Launcherをオススメします。


バンカーリングで持ちやすさ大幅改善


こちらは以前、当ブログでもご紹介したことのあるバンカーリング。

【Nexus 7】タブレット・スマホを安定して片手で持てる"Bunker Ring 2"がかなりイイ! | Digital Grapher



やっぱりこれがあるのと無いのではだいぶ使い勝手が変わります。


ご覧の通りリングに指を通しさえすれば、いくら手を離そうが落ちることがありません。手にNexus 5がくっついた感覚。落下防止にもなるし画面上部にも余裕で指が伸ばせるようになります。スマホがデカくて困っている人はぜひ試してほしい商品ですね。




まとめ

今回、何が言いたかったのかというと「Nova Launcher Primeのジェスチャー機能が便利すぎる」という話でした。僕がAndroidを使うときは必ず設定するくらい気に入っているのですが、大きい端末では特に利便性向上に有効というわけです。

手にちょうどいいサイズのiPhoneに対して大きいサイズな端末が多いAndroidですが、Androidは様々なカスタマイズが可能です。ジェスチャーを自分好みにカスタマイズして使いづらさ克服に挑戦してみては?
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事