【リアル課金アイテム】抜群の安定感と使い勝手――自転車スマートフォンホルダー「MINOURA iH-500-STD」 #Ingress

2014年12月5日金曜日 20:15


Ingressにハマってしまいました。現在レベル8まで進み、今はメダル獲得と過疎地の新規ポータル申請に勤しんでいます。レベルが上がってくると、敵のポータルを自在に攻撃できたりプレイの幅が広がっていくのでIngressの面白さが倍増していくわけですが、そういった攻めのプレイをしていると、不足しがちなのがレゾネーターとブラスターといったアイテム類です。

アイテムと補填していくためには、とにかくポータルをハックしまくればいいのですが、都内のポータル密集地帯(通称ファーム)を歩きまわるならともかく、そこそこポータルが生えている程度の地元では、あちこちポータルを回るのは徒歩だとちょっと効率が悪い。

そこで活躍するリアル課金アイテムが「自転車」です。車やバイクだと入れない場所止まれない場所があったりで効率が悪いので、自転車はIngressの最適な移動手段だと思うのですが、自転車を運転しながらスマホを手に持つのは危険だし、違反になります。そこで購入したのが自転車のハンドル部分に固定できるスマートフォンホルダーです。

数ある中から選んだのは、ミノウラのiH-500-STDという製品。色々種類はあるのですが、一番評価が高くて売れている製品です。


これが同梱されてるもの。自転車のバーハンドル部分に取り付ける台座と、スマホを固定するホルダーの2つにパーツが分かれています。真ん中の四角い2つのパーツは固定するスマホの厚みに対応するアジャスター的役割を果たします。僕は使ってません。

使えるスマホのサイズは、幅が55mmから75mmまで、厚みが6mmから18mmまでとなっています。僕はXperia Z3やNexus 5で使います。


取り付けてみた


取り付けるのはプレスポ2011年モデル。たまにしか乗らない意識の低い実用性重視クロスバイク海苔には最適な安物入門車です。Ingressプレイ中は乗ったまま停車することが多いので、サドルを下げたりしています。



まずはホルダーの土台部分を取り付け。最後は六角レンチでしっかり固定します。持っていない方は100均などで手に入れておきましょう。




今回はXperia Z3で撮影したため、とりあえずウォークマンを装着してみました。理想通りでいい感じ。


実際の取り付け/取り外しはこんな感じ。取り外す時は上部にある赤い部分を引っ張るだけ。使いやすいです。


ご覧のとおり、マウント部分を一旦取り外して装着しなおせば、簡単にスマホを横に固定できます。この点が非常に素晴らしいです。


自転車Ingressユーザーにオススメ

実際に使用してみましたが、しっかり固定すれば衝撃などで落ちることもなく安心して乗ることができました。そのままでも問題はありませんが、強いていうならばケースを装着したり、大きいストラップを装着してハンドルバーに固定すれば確実に安心して使うことができると思います。僕もストラップを追加する予定です。

スマートフォンホルダーを装着することによって、

ポータルに移動→停車→ポケットからスマホを取り出す→ハック→ポケットにしまう→発進

だったのが、

ポータルに移動→ハック→発進

このようにだいぶ効率化しました。自転車で行動するIngressな方には超オススメです。




更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。


Feedlyで購読する

0 コメント:

コメントを投稿

このブログの最新記事