2011年12月28日水曜日

PSVITAがスリープから復帰できず、電源長押しで再起動させる羽目になる人の対処法


寝る前にスリープ、朝起きたらいくら電源ボタンを押しても画面は真っ暗なまま。
結局、電源ボタンを20秒長押しで再起動・・・。なんてことが多発しておりました。
これを解決する方法があるようです。

nearの設定で
・定期的に位置データを取得する


・自動near更新を許可する



これらのチェックを外すとこの問題が解消されます。
自分の環境でやってみましたがたしかにスリープからしっかり復帰することができました。
nearの自動更新が悪さをしていたんですかね?

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年12月27日火曜日

Amazonで買ったPSEマークの無いXperia arcの非純正充電器を返品・全額返金してもらうことになった


前にAmazonで購入したXperia arc用のバッテリー単体で使える充電器と予備バッテリーのセット。
NTT DoCoMo Xperia arc SO-01C / acro SO-02C / au IS11S デュアル充電器+バッテリー 1500mAh 予備電池

バッテリーのほうは、品質最悪な中華バッテリーでしたが充電器は充電時間が長いもののバッテリーを単体で充電できるという大変重宝しているものです。

しかし、昨日購入元のAmazonからこんなメールが。

[お知らせ] ご注文商品について

Amazon.co.jpをご利用いただき、ありがとうございます。

誠に申し訳ございませんが、以下のご注文商品について、「PSEマーク」がついていない商品をお届けした可能性があることがわかりました。

NTT DoCoMo Xperia arc SO-01C / acro SO-02C / au IS11S デュアル充電器+バッテリー 1500mAh 予備電池 (ASIN: B004TI8BRS)

出品者: mbng
発送元: Amazon.co.jp

大変お手数ですが、ご購入商品にPSEマークがついているか、ご確認くださいますようお願いいたします。PSEマークのイメージについては、文末の「PSEマークについて」の経済産業省のリンクをご確認ください。

マークがついていない場合は、使用済みであっても全額返金させていただきますので、お手数ですが商品を以下の返品期限日までに着払いでご返送ください。返品期限を過ぎた場合でも返金対応をさせていただきます。なお、商品の交換はできませんので予めご了承ください。




というわけで、100Vの家庭用コンセントを使う製品は本来ならば安全規格であるPSEマークがついている製品しか販売してはいけないことになっています。
今回の製品はついていないものだったようです。(現在販売中のものは大丈夫)
たしかに自分の手元にある充電器にはPSEマークは見当たらない。

そしてバッテリーも確認しようと・・・・しまった!あまりにも動作が不安定なので捨ててしまった!
これ返品できねーんじゃね・・・と心配になりながらもAmazonに問い合わせたら、欠品でも返品可、全額返金可とのお返事が帰ってきて安心したのでした。さすがAmazon。

そのうち代わりの充電器でも買おう。
この辺が良さそうです。
充電時間が長いのが不満だったのでちょっとラッキーだったかも。
こんなことあるんだなぁ。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年12月25日日曜日

PSVITA用ハードコーティング・シェルジャケットを購入


PSVITAはテーブルに置いた際に裏面がぴったり接地します。
それによってグリップの部分や背面タッチパネルにキズがつきやすいのが悩みのタネでもあります。
この通り、既にキズが・・・


気にしなければそこまでですが、なるべくなら綺麗に使いたいということで、本体に装着するタイプのケースを購入してみました。


スマートフォンのカバーなどで有名なレイアウトから発売中のハードコーティング・シェルジャケット。
色はオーシャン・ブルーです。

このケース、なんといっても色が綺麗!
本体よりもこのカラーに惹かれたと言っても過言ではありません。
さっそく装着してみます。



黒と青の組み合わせがとってもかっこいい!
もちろん端子・スロット類にはすべてアクセス可能。3GモデルのVITAの場合はSIMカードスロットだけはケースを外す必要があります。



このようなケースを装着すると分厚くなってしまったりするのが心配ですが、
特に違和感はなく、本体が握りやすくなりました。
更に、背面タッチパネルのところが切り抜かれているので、タッチの範囲がわかりやすくなったのも思わぬ利点。
テーブルに置いたときに直接本体が触れることもなくなったのでキズも安心です。
これは非常にオススメ。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年12月23日金曜日

街であまり見かけない?Xperia arc用バッテリカバー ツヤ有りホワイトを購入



pocketgamesでXperia arc用バッテリカバー ツヤ有りホワイトを購入してしまった。
後悔はしていない。
海外ではXperia arc Sというスペックアップモデルでホワイトが用意されていますが、国内のラインナップには無いので差別化が図れるかと。



バッテリーカバーの購入はこれで4個目である。
上からデフォのミッドナイトブルー、ツヤ消しブラック、ツヤ有りホワイト、ツヤ消しホワイト。
ツヤ消し系は印刷の擦れや汚れが目立ちやすいので、今回のツヤ有りホワイトには期待しています。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年12月22日木曜日

薄くてお値段980円のPSVITAオススメポーチ


先日購入したPSPVITA。
発売したてほやほやの最新ハードを外で自慢したい!見せびらかしたい!
ですが外に持ち運ぶ際にはケースやポーチがないと、傷や不意の落下など色々不安です。
裸でカバンにつっこむのもアレですし、↓こういうアグレッシブなことはもうしたくないのです(切実)
これはさすがに冗談ですが。


・・・というわけでケース・ポーチを探すことに。
イメージとしてはPSPで愛用している純正のソフトケース。

こんなの。


使っている方も多いと思いますが、これPSPの出し入れがしやすいし、クッション性もそこそこにある、かなり完成度の高いケースだったのです。
PSVITAでもこんなのが欲しい!

もちろん今回も純正のケースが各種用意されています。

PlayStation®Vita 周辺機器・アクセサリー

この中で、一番上のPSPのソフトケースに近いのは、ポーチ (PCHJ-15004)という商品。

見た目からしてそっくりではないですか!これは期待できそう!
と、思いきや購入した人のレビューを読んでみると

・ペラペラ
・安っぽい
・出し入れしにくい

という、PSP純正ソフトケースの利点がすべてダメになっているみたいな声が多かったので
これを選択肢から外し、更にどのケースも入荷がクリスマス明けになってしまいそうなので、
待っていられないとお店に直接そのまま見にいってきました。

いくつか店頭に並ぶケースの中から購入したのは

ANSWER・PSVITA用 ソフトポーチPSVITA

という商品。
なんでこれにしたかというと、唯一ケースにPSVITAのロゴが入っていなかったから。
他のはほとんどがダサいロゴが入っているんですよね・・・。
そしてなんといっても薄いのが良い。厚いケースなんて持ち歩きたくないよね。


全体図はこんな感じ。
手触りは悪くない。100均一に売っているようなケースの一段上なレベルです。
横からVITA本体を入れられるようになっています。


ボタンで口がきゅっと閉まり、本体が固定されます。
サイズがけっこうぴったりに作られているのでボタンは止めなくても落ちることはなさそうです。


VITA本体にカバーをつけていてもちゃんと入ります。


内側は柔らかいマイクロファイバーで傷がつくことはなさそう。


裏側には小物入れを装備、ソフトが3枚固定して入れられます。


VITAの本体サイズにぴったり作られているので多少入れづらいなとは思いますが、
これで980円ならなかなか満足できるのではないでしょうか。

あんまりごっつくなくてPSVITAのロゴが入っておらず、サイズぴったりで安価なケースを探している方にはオススメです。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年12月19日月曜日

PSVITAを購入


PSVITAこと、PlayStation®Vitaを購入しました。


定価よりちょっぴり安かったいーでじで予約。
発売日当日まで出荷メールが来なかったのですが、どうやらメールサーバーがパンクしていた模様。
無事当日に届きました。


Xperia arcのテザリングが使えるし、外で3Gを使ってまでゲームをやらないよ、というわけで購入したのはWi-Fiモデル。GPSもついてませんが買おうと思ってたMAPLUSもAndroidのナビで十分かなと。


最初に本体を持ってみるととにかく"でかい"
片手で持ったときなんかはけっこうな大きさを感じます。
でも、重さは思ったほど重くない。わりとバランス良くできてるのではないかと。


一緒に購入したのはメモリーカード16GBとローンチタイトルのアンチャーテッド。
それぞれ大体SDカードとmicroSDカードのサイズとほぼ一緒です。
そしてなんとゲームの説明書は入っておらずPS3版アンチャーテッドのチラシのみ。
思い切ってますね。

メモリーカードは独自規格なのでPCに差すことはできず、データの移動も専用の転送ソフトを使います。

基本的に、iTunesのようなブラウズするものではなく常駐してライブラリを監視、Vitaを接続して
Vita本体を操作して転送したい音楽や動画、写真を選ぶといった感じ。
VitaからPCへ画像を転送するのがすさまじく遅いのは仕様でしょうか。


そういえばUSB接続の端子も独自規格。噂によるとモバイルブースタ-で充電できないらしい。えー。
そしてさっそく起動。
ちなみに最初の起動の時だけ"SONY make believe"のロゴを見ることが出来ますよ。



基本の画面は縦にアプリが並び、横に起動中のタスクが並ぶといった感じです。
起動しているゲームや、アプリケーションなどはシームレスに行き来することができます。
スマホでよくあるメモリ不足で他のタスクが落ちるだとかはまったくありません。ちょっとこれは革命的。
ゲームの保存媒体がUMDのようなディスクではなくフラッシュメモリになったのも大きいでしょう。
アイコンの場所は自由に入れ替え可、壁紙はページ毎に好きな画像や色に変更できます。
一括で変更する機能が欲しいかも。

クアッドコアCPUの威力でしょうか、メニューはさっくさくヌルヌルでタッチパネルは感度最高です。
ストレスを感じません。iPhone並かそれ以上。これを触ったあとにAndroid触ると落ち込みます(苦笑)

ちなみにUIはすべてタッチパネルでの操作のみ。十字キーなどの各種ボタン、アナログは使えません。これには最初かなりびっくりしました。
これはどうなんですかね。個人的にはタッチパネルの良さでこれもアリだとは思います。

PSボタンとSTARTボタンでスクリーンショットが撮れます。




ブラウザでこのブログを見てみる。
PSPとは比較にならないほど使いやすくなっています。
ただ、FlashにもHTML5にも対応していないのでYouTubeは見られないのは残念。
そしてスクロールしたときに先の表示がちょっと遅いかなーと。
あと加速度センサーで縦持ちにも対応してくれればいいなと思います。


Twitterクライアントもあります。これがなかなかに高機能で素晴らしいです。
きっと作者はTwitterのヘビーユーザーでしょう(笑)
こんな感じでゲーム以外のアプリケーションの充実にも期待したいところです。
スマホとの差別化が難しいところですが。


とりあえず最初の触りはこんな感じで。
第一印象はだいぶスマートフォンを意識しているなぁといったところです。
やはり新しい製品は触っていてわくわくしますね。

ただ、ちょっとまだ不安定なところがあるようで、PCと接続したときに認識してくれないなと思ったらしばらく起動できなくなったりなど、本体が起動できなくなる不具合があるようです。
アップデートで直るとは思いますが・・・。こうして記事を書いてる間も起動してくれず・・・。
うーん、ちょっとこれは困るなぁ。
あ、ACアダプタ接続したら起動した・・・。

なにはともあれ、これからの発展に強く期待です。
自分はMGSシリーズの新作待ちかな?

他の機能なども機会があれば書いてみたいと思います。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年12月12日月曜日

Android用に32GBのmicroSDHCカードを購入



microSDHCカードを新しく購入。
買ったのはこちら

Transcend microSDHCカード 32GB Class4 永久保証 [フラストレーションフリーパッケージ (FFP)] TS32GUSDHC4E

Amazonで2680円ほど。

フラストレーションフリーパッケージといって簡易包装になっており、無駄なゴミが出ないのがイイ。
32GBで大容量ですがClass4なので速度はそこそこでしょうか。
(CrystalDiskMarkがうまく動かないので計測はなし・・・)

Xperia arcで使用する予定ですが、今ささってる16GBのmicroSDHCはLink2SDを導入していたりするので、簡単には差し替えることができません。なので暇なときにぼちぼち移動させる予定。

それにしてもこんな小さいチップの中に32GBとはすさまじい。
何も考えずにファイルをぽんぽん入れられます。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年11月13日日曜日

アップデートしたXperiaシリーズのカメラにスイングパノラマ機能を追加する


先日アップデートされたXperiaシリーズですが、カメラにスイングパノラマ機能が見当たりません。
海外では入ってるという話を聞きますし、イーモバイルのSony Ericsson miniにも入っていました。

なんでだろーとか思っていたらXDAにスイングパノラマのapkファイルが。
3D sweep panorama app with original camera app...

これを入れるとイケるらしい。
上の「SemcCamera3D.apk」をファイラーなどを使ってインストールしてみました。
するとアプリ一覧に「3Dアルバム」と「3Dカメラ」が出てきます。


3Dカメラを選択すると直でいけますが、普通のカメラの撮影モード設定からもスイングパノラマを選ぶことが可能です。まぁ普段はこっちからですね。


スイングパノラマはカメラ本体を横にスイングさせることでパノラマ写真が撮影できる機能です。


カメラ本体を動かす方向を選択可能。


3Dスイングパノラマのほうはパノラマ撮影する上に3Dで写真を撮るというもの。
画像サイズを標準と16:9から選択可能。


3Dアルバムアプリでは3Dスイングパノラマで撮影した写真を観覧することが可能。
3D写真を見るには3D対応のテレビとHDMIケーブルが必要です
Xperia単体では3Dで見ることはできません。(サイバーショットなんかだと本体を傾けることによって擬似的に3D写真を見ることが出来るのでこの点は残念)


ギャラリーにも3Dアルバムへのショートカットが統合されます。


こんな感じでapkファイルをインストールすることによってスイングパノラマ機能を使えるようになります。
なぜこの機能がオミットされているのかは謎ですね・・・。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年11月5日土曜日

意外と知られてない?Android標準の「天気とニュース」アプリがイケてる


Androidには様々なニュースアプリやRSSリーダーアプリなどがあり、様々な方法で情報を得ることができます。もちろんこれらのアプリは使いやすくて便利なのですが、
Androidには標準で天気やニュースを得られるプリインストールアプリがあるのはご存じでしたか?

それがこちら。その名も「ニュースと天気」


このアプリはAndroid2.2以上にプリインストールされているアプリで、
中身は単純明快そのままですが侮る無かれ、これが意外と良くできているのです。
起動すると天気とニュースを一覧して見ることができるのですが、オススメはウィジェット機能。


ホーム画面で長押ししてウィジェットの中から「ニュースと天気」を選びます。
ウィジェットはニュースのみ、天気のみ、両方の3種類から選ぶことができ、私のオススメは一番下の両方です。



ウィジェットの天気マークをタッチすると天気、ニュース本文をタッチすればニュースがそれぞれ表示することができます。


天気の地域設定は指定した場所またはGPSを使用した現在地から選択することができます。
週間天気の他、気温や湿度、風速、時間別に降水確率をグラフで見ることができたりとなかなか本格的です。


続いてこちらはニュース。
横へフリックすることでジャンル別にニュースを見ることができます。
設定で特定のジャンルを非表示にすることも可能。


ニュースの見出しをタップすればブラウザが開き、ニュースサイトに飛ばされて本文を読むことが出来ます。(本当はアプリの中で読めれば嬉しかった!)


ここまでで気軽にニュースをチェックするには十分な機能を持っていることがわかっていただけたと思いますが、ニュースにはもう一つ便利な機能があります。

それはカスタムトピックという機能。
設定で自分の知りたいニュースのキーワードを設定しておくと、それに関連するニュースを勝手に一通り集めてくれるのです。


設定からニュースの設定→ニューストピックの選択→カスタムトピックと辿っていきます。


たとえば「Android」というキーワードを設定すると・・・


Androidに関連するニュースが表示されました。


ニュースサイトで検索すれば同じような結果を得られることはできますが、こちらは受動的に、なおかつ一覧でパッと表示してくれるので、面倒臭がりさんにはなかなか気が利いてて使える機能なんじゃないかと思います。

スマートフォンの世界では豊富なサードパーティアプリに目が行きがちですが、プリインストールアプリにもなかなか良いものはあるよという話でした。
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

このブログの最新記事