2014年12月31日

【ベストバイ】2014年に買ってよかったガジェットBest16を発表するよ

event_note水曜日, 12月 31, 2014 editBy yamkei


こんにちは、やむけい(@yamkei)です。もうすぐ2014年も終わろうとしていますが、僕は謎の胃腸炎らしきものにかかっており、定期的にくる腹痛でトイレに通い詰めています。他の部位は好調なので、寝込んだりすることはなく普通には過ごせるのですが、忘年会をキャンセルすることになったり、踏んだり蹴ったりです。徹夜明けの免疫が落ちた状態で、人生初コミケに始発組で参加したのがダメだったのでしょうか。睡眠の重要性を噛み締めております。

2014年12月30日

【レビュー②】冬のIngressでARROWS NX F-02Gが活躍した話 ~外観デザイン編~

event_note火曜日, 12月 30, 2014 editBy yamkei


ARROWS NX F-02Gは、八角形をモチーフにした「オクタゴンフォルム」デザインを新たに採用しています。スマホによくある真四角ではなく、角がギュッと削られているデザインです。

他の一般的なモデル 

オクタゴンフィルムなARROWS NX F-02G

これの何が良いのかというと、角が手に刺さらなくて痛くないこと。画面が5.2インチを超えるサイズのため、片手で扱う時には色々持ち方を工夫するわけで、オクタゴンフィルムによって握りやすいのは高ポイント。見た目的にもユーザーにコンパクトな印象を与えます。

個人的に端末を初めて見た当初は、「真四角のほうが好きかなぁ」という感想を持ったのですが、一ヶ月弱使っていると見慣れてきたのか「これはこれでカッコイイ」と思うようになりました。ジワジワ良さが見えてくるスルメな端末だと思います。


外観・本体デザイン

(上部)イヤホンジャック、伸縮アンテナ

(左側面)電源キー、音量キー、ストラップホール


(左側面)クレードル端子、microUSB端子、SIMスロット、microSDカードスロット

(底面)


個人的に良いなと思ったのが、外周を取り巻くアルミニウム製フレーム。わかりやすく言えば、iPhone 5のような光沢感のある縁処理が施されており、高い剛性感と高級感があります。


背面にはカメラや赤外線ポート、指紋センサー兼画面点灯ボタンが配置。ホワイトカラーは絵柄が入っていないシンプルなデザインになっていますが、国産端末にありがちなプラスチッキー安物感が無くなっているのが非常に高評価です。

本体の質感って非常に重要で、iPhoneやXperiaを使ったユーザーに手にとってもらうには、それ以下の質感とかもうありえないんですよね。

もう一度言います。プラスチッキー安物感が無くて、すごく良くなっています。


また、他社の海外共通モデルには無いアンテナが内蔵されているのが非常に嬉しい。外部アンテナを接続することなくフルセグ/ワンセグやFMトランスミッターなどが感度良く楽しめるのは本当に便利です。


雨の日のIngressで持ちやすさを実感


おなじみIngressは実際に外を歩いてプレイするゲームですが、寒さが身体に染みる冬もそれは同じこと。防寒対策など完全装備で挑む中で、ARROWS NX F-02Gのボディは意外と掴みやすかった。


手袋モードを搭載しているので、手袋のままタッチ可能。


ARROWS NX F-02Gはスマホの薄型化が進む中、本体の厚みが9.5mmもあるので、最初は分厚いなぁと感じていたのですが、良く言えばグリップ感があります。


この日は雨だったのですが、傘を持ってスマホ片手にIngressはちょっと難しいのです。もちろんARROWS NX F-02Gは防水対応なので、道中びしょびしょに濡れても問題なし。安心してハックできます。



また、ARROWS NX F-02GはWQHD解像度(2560×1440ピクセル)のディスプレイを搭載しているため、Ingressの画面もフルHD解像度(1920×1080)のディスプレイと比べてみると、ステータス画面の表示範囲がかなり広がっています。一度これを体験してしまうと、フルHDでは物足りなく感じてしまうかもしれませんね……

2014年12月23日

実際の使用感は?――純正保護ガラス「Surface Pro スクリーン プロテクター」 #SurfaceJP

event_note火曜日, 12月 23, 2014 editBy yamkei


Surface Pro 3用の液晶保護ガラスを購入しました。マイクロソフトから発売されている純正品です。価格が4,980円(税抜)と、少々お高いので購入を迷う方もいると思いますので簡単なレビューをしたいと思います。


そもそもSurface Pro 3に保護ガラスは必要?


自分は以前からSurface Pro 3によくある液晶保護シートを付けていたのですが、持ち運ぶ機会が多いため、小さな傷が色んなところに入っていました。やはりシートタイプはどうしても簡単に傷が入ってしまうのです。そして指紋が非常に目立つ。カフェやイベント会場でSurface Pro 3を開くと指紋ベタベタ……常にゴシゴシ拭いていました。そしてなかなか取れない。カッコ悪いです。

極薄でタッチ感度良好――大満足の『クリスタルアーマー PAPER THIN 0.15mm ゴリラガラス液晶保護 for Xperia Z3』 | DIGITAL GRAPHER


アルミノシリケートガラスを採用したXperia Z3用液晶カバーガラス "ゼウスジー"「HOYA Z’us-G ハイクリア」 | DIGITAL GRAPHER


一方で、以前からスマホ用などをご紹介している通り、ガラス製保護フィルムの場合は硬度が高くて傷に強く、長期間に渡って綺麗な状態を維持することが可能です。おそらく本体の買い替えまで1枚を使い続けることができると思います。

コーティングにより汚れにも強いので、指紋が付いてしまったときもサッとクロスで拭けば簡単に綺麗になります。長時間見つめるPCのディスプレイ、そして持ち運ぶものですから傷や汚れに強い保護ガラスはやっぱりオススメです。


開封


純正品らしく、パッケージはかなりしっかりしたものになっています。


同梱品は保護ガラス、クリーニングクロス、ウェットタイプのミニティッシュ、ホコリ除去用シールです。


貼り付けた――気になるタッチ感度は?


12インチの大きなサイズなので、貼り付けは慎重に……久しぶりに湿ったお風呂場を使いました(笑) 位置取りをしっかり定めてホコリ混入を最小限に抑えます。

貼り付けが完了したら、ホコリが入ってしまった場所を確認し、一度ガラスを持ち上げてシールやセロテープで地道に除去していきます。自分との戦いです……! ガラスを持ち上げるときに角を爪で引っ掛けるのですが、この時も汚れないように注意します。

12インチサイズの保護ガラスを貼り付けるのは非常に難しいことと思われるかもしれませんが、しっかり環境を整えれば柔らかい保護フィルムを貼るよりも難易度は低いです。とにかくホコリを完全シャットアウトしましょう


僕が保護ガラスを使う上で、いつも気にしているのがタッチ感度。保護ガラスは通常のフィルムに比べ、厚みがあるのでタッチしたときの反応が悪化してストレスを感じる製品がよくあります。


今回のガラスの厚みは0.5mmありますが、危惧していたタッチ感度の低下は感じられず使用感は非常に良いです。Surfaceは元々タッチ感度がとても良いので影響が少ないのでしょう。というか、純正品の保護ガラスなのでこのへんはしっかりしてるのは当たり前ですね。


また、表面が非常にすべすべしているので指だけでなくSurfaceペンでの描き心地も通常の液晶保護シートに比べ向上したと感じました。ペンを多用する人も安心して使えます。


綺麗に貼れて個人的にも大満足の品でした。お値段は張りますが、Surface Pro 3をこれからも長く使う方にはぜひオススメしたい製品です。
Microsoft Store (マイクロソフトストア)

2014年12月21日

【レビュー】豊かな低音に、埋もれない中高音域――ダイナミック型最高峰「SENNHEISER IE80」

event_note日曜日, 12月 21, 2014 editBy yamkei


以前、ER-4Pをリケーブルした記事の中で

別のイヤホンを試聴しに行くと、なんだか音がしっくりこなくて結局ER-4Pに戻ってきてしまうのです。

とか書いておきながら、しっくりきてしまったので新しいイヤホンを購入しました。ドイツの音響機器メーカーであるゼンハイザーの「IE80」というモデルです。

【レビュー①】ARROWS NX F-02Gに搭載された"FMトランスミッター"が車との相性抜群で便利すぎる

event_note日曜日, 12月 21, 2014 editBy yamkei

放課後のプレアデス』製作発表会 より

車を運転する時に欠かせない音楽……、皆さんの再生環境はどんな感じですか? 僕は現状、FMトランスミッターを使ってウォークマンやスマホからFMラジオに飛ばしています。将来的にはBluetoothに対応したものに変える予定ですが、しばらくはこのままです。

2014年12月20日

お試し!ドコモユーザーならハイレゾ楽曲が7曲無料ダウンロードできます

event_note土曜日, 12月 20, 2014 editBy yamkei


最近話題になってる「ハイレゾ」という言葉。CDよりも高音質の音源を指すものですが、実際に聴いてみたことがありますか? 自分も何曲か購入したことがあるのですが、正直聴き分けは難しいなと感じています。







ファイルの容量的にも、MP3の320kbpsで十分かなぁとは思いますが、音楽のダウンロード販売で最高音質のものが手に入ることには十分価値があると思います。しかし、なにせ価格が高い。

国内でハイレゾ音源のダウンロード販売を行っているのは、「e-onkyo music」や「mora」などがありますが、1曲500円近くします。ちょっと試すには高いですよね。そこで今、ドコモの最新モデルをお持ちのユーザーなら、ハイレゾ音源が7曲無料でダウンロードできるキャンペーンが行われています。僕もARROWS NX F-02Gでさっそくダウンロードしてみましたよ。


dメニュー | NTTドコモのスマートフォン向けハイレゾ特集






配信曲

山崎まさよし / One more time,One more chance
choucho  / 空とキミのメッセージ
バニラビーンズ / きっといい場所(フチ)
ジョン・ヴィクトリン・ユウ(指揮)フィルハーモニア管弦楽団 / 「ホルスト:組曲「惑星」より「木星」」
寺岡呼人 / バトン
三浦祐太朗 / THE WALK〈KI 335 ver.〉
アン・サリー / O Holy Night


対象機種

■ 2014-2015冬春モデル
・GALAXY S5 Active SC-02G
・GALAXY Note Edge SC-01G
・ARROWS NX F-02G
・XperiaTM Z3 SO-01G
・AQUOS ZETA SH-01G
・XperiaTM Z3 Compact SO-02G
・Disney Mobile on docomo SH-02G
・ARROWS Tab F-03G
・GALAXY Tab S 8.4 SC-03G
■ 2014夏モデル
・GALAXY S5 SC-04F
■ 2013-2014冬春モデル
・G2 L-01F
・GALAXY Note 3 SC-01F
・GALAXY J SC-02F


個人的にオススメするのはジョン・ヴィクトリン・ユウ(指揮)フィルハーモニア管弦楽団の「ホルスト:組曲「惑星」より「木星」」です!迫力がすごくいい感じです。ハイレゾを試すチャンス……お見逃しなく。

2014年12月15日

極薄でタッチ感度良好――大満足の『クリスタルアーマー PAPER THIN 0.15mm ゴリラガラス液晶保護 for Xperia Z3』

event_note月曜日, 12月 15, 2014 editBy yamkei


以前、Xperia Z3用の保護ガラス「ゼウスジー」をご紹介しましたが、0.6mmの厚みからくるタッチ感度の低下が気になっていました。

2014年12月14日

まさかの急展開に興奮した!―― #Ingress 公式ユーザーイベント「 #DARSANA (ダルサナ) XM ANOMALY Primary Site,Tokyo,JP」に参加してきました

event_note日曜日, 12月 14, 2014 editBy yamkei


2014年12月13日(土)に東京で開催された、GoogleのiOS/Android向け位置情報ゲーム「Ingress」の公式イベント「Darsana(ダルサナ)XM ANOMALY』」に参加してきました。

Darsanaとは、世界各地で開催されているIngressの公式戦のこと。通常のIngressに独自のルールが加えられ、舞台となるエリア内の指定されたポータルを奪い合います。そしてある一定のタイミングで計測される指定ポータルの所有数を青と緑で競い合うというのが大まかなルール。


日比谷公園野外音楽堂9:40~


Darsanaの集合場所は千代田区の日比谷公園内にある「日比谷公園野外音楽堂」。最寄り駅である霞ヶ関駅で電車を降りると、すでにチラホラ青や緑の服装の人を見かけるのですよ。もはや関係ない人までエージェントに見えてくる。Ingressあるあるですよね。

9時過ぎに会場へ到着すると、すでに100mほどの行列が形成されていました。そのためか、予定の10時よりも少し早い9時40分頃から参加受付が開始。


入場の時点でレジスタンスとエンライテンドで会場入り口が左右に分けられていました。受付ではアフターパーティーへの参加証となるスタンプを腕に押され、「パケット」と呼ばれる公式グッズやメダルの入った袋も受け取りました。

すぐ消えてしまうと話題のスタンプ(実際は消えませんでした)、
紙媒体によるマップの配布なども

パケットの中身

パケットの中には、Darsanaデザインのピンバッチ、Ingressステッカー、そしてDarsanaに参加したことを示す限定メダルが入手できるパスコードの書かれたカード、アイテム(種類はランダム)が入手できるパスコードの書かれたカードが入っていました。


このメダル目当てに参加した人も多かったはず。


ウェルカムスピーチ&参加者記念撮影11:40~


受付を済ました後は、ウェルカムスピーチまでしばらく時間が空いたので席を立ってしまう人もチラホラ。ここでスキャナーを開いてみると、既に周辺のポータルの争奪戦、そしてゴミ(不要アイテム)の不法投棄大会が勃発していました! おかげでネットワークの帯域がオーバーになり、ネットに接続しづらい場面が多々発生。僕はauとドコモを行き来してがんばって通信してました。


一方で、モバイルバッテリーで有名なAnkerがステッカーを配っている場面も。Ankerは以前、Ingressプレイヤー向けにプロモーションを行ったことで話題になりました。



そんなこんなで、風が寒い上に枯れ葉が落ちてきて痛い野外ステージでしばらく待っていると、11時40分頃にウェルカムスピーチが開幕。Niantic Labsの日本人スタッフ川島優志氏(@mask303)やNiantic Labs創業者でGoogle副社長のジョン・ハンケ氏(@johnhanke)が登壇し、「明日は選挙ですが、皆さんは今日人類の未来を決定することになる」「皆さんは今日"KUSAKARI"、"MIZUNUKI"をすることになる」といったユニークな挨拶で、会場は笑いの渦に包まれました。

その後、レジスタンスとエンライテンドのリーダーがそれぞれ決意表明をし、会場を盛り上げ、会場にいる全員と記念撮影。そして解散となりDarsonaがスタートしました。

なんか雰囲気的にはですね、ハリーポッターに登場するクディッチのシーンみたいな印象を受けましたよ。よくわからない表現ですいません。


Darsanaの舞台

今回のイベントで戦場となるのは東京の新橋~麻布~恵比寿~代官山エリアです。


それぞれの場所で、以下の10分間のうち、ある一瞬のタイミングでポータルの所有数が計測され陣営のポイントとなります。

・14時00分~14時10分
・15時00分~15時10分
・16時00分~16時10分
・17時00分~17時10分

とにかく、大雑把に言えばこの10分間に指定されたポータルを攻撃しまくってレゾネータを挿して自分の陣営のものにしていればいいというわけです。逆に言えばこの時間以外は特にすることがない(戦略を考えて動くガチ勢は除く)ので、友人と二人で行動していた僕は、大門駅周辺に移動して美味しいお肉を食べに行っていました!肉だ!!

yamkeiさん(@yamkei)が投稿した写真 -

「いきなり!ステーキ」という最近話題の立ち食いステーキ屋です。なんとなく400gと注文したら分厚いステーキが出てきて焦りましたが、ぺろっといけました。ごちそうさまでした。Darsana最高!!


ゲーム進行中、そのとき街は


腹を満たしたところで、最初の戦場として選んだのは麻布十番。現地へ到着すると既にエージェントが多数。これがもうすさまじく不気味w スマホを見つめる大人が街のいたるところで静止しているわけです。すさまじく怪しいです。


こちらは東京都立中央図書館。クリックで拡大できますが、写真に写っている人全員エージェントです。ヤバイ!


こちらも全員エージェント。大使館近くだったのですが、警官が困惑してました(笑)


街を歩けば、チームを組んだエージェントがあちこちをぞろぞろ歩いています。世紀末感半端ないです(褒め言葉


誰も予想しなかった事態が発生


時間は進み、最初の計測である14時00分~14時10分に事件は起こりました。必死にポータルに攻撃とリゾ挿しを繰り返していると、マップが一瞬でCFによる緑色で埋め尽くされたのです。

最初は優秀な仲間が小規模なCFを作成し、戦況に一役買ったと思われたものの、何やら様子がおかしい。

なんと、北海道、中国そしてグアムの3点で超巨大なCFが形成され、北海道と沖縄を除く本州がすっぽり緑で覆われてしまいました。前代未聞……!

おかげでエンライテンドに膨大なボーナスポイントが入り、しかも本州のポータルはすべてこの巨大CF内にあるため、Darsanaとか関係なくほぼ全国でリンクが貼れなくなるという、日本のIngressが危ぶまれるとんでも事態に。





実はこれ、事前に犯行予告が2ちゃんねるに書き込まれていました

Darsanaのために、緻密で壮大な計画を立てて実行してしまうガチ勢の皆さん……。本当にすごすぎます。

おさかなさん:さて、そんな#Darsanatokyo ですが、
参加された多数の方よりも先に、色々書かせてもらうのは恐縮かと思いますが、個人的にも色々と思い入れができたので筆を取ることにしました。

junji Y (SolidStake)さん:Darsana Tokyoのあった本日12月13日。
ENLの巨大CFが日本を覆ったレジスタンス側のレポートです。
遡ること数日前。
極秘任務ということで内容を知らされずに招集、そして参加へ…。

そしてこの極秘任務に関わった人たちのアナザーストーリーがGoogle+に公開されています。Ingressがもはやゲームの域を超えていると感じるくらいのインパクトを感じます……。脱帽です。

そんなわけで、ボーナスポイントが設定されていたリンク作成など戦略的な行動がほとんど不可能になってしまったので、両陣営は指定ポータルの所有権を単純に取り合うという完全殴り合い状態に。


で、どんな戦いをしていたの?


XM尽きてるの、じわる

これはなんとかポータルをエンライテンド陣営所有にすることができたので、レゾネータを必死に刺して敵の凄まじい攻撃からポータルを守っているところです。「無駄な連打じゃね?」と思われるかもしれませんが、これくらいしないと一瞬気を抜いた隙にやられます。恐ろしい戦いでした。こんな地獄はもう味わいたくないよ……とかいいつつめちゃくちゃ楽しかったです。このためにアイテムを大量に補給していて良かったなぁ。

Xperia Z3だと単体でムービーのスクリーンキャプチャできます。神。

そしてこちらが、17時00分~17時10分のベルサール渋谷ガーデン前ポータル「ガラスの壁(Wall of Glass)」にて、レジスタンスの鉄壁の守りにまったく歯がたたないところ。エンライテンドメンバーがこのポータルに大して圧倒的に足りなかった感がありました。まさに数の暴力。

地獄でしょう……?これがDarsonaなのです。こんな感じで全4回の戦いを繰り広げていました。


アフターパーティー17:00~


すべてのゲームが終了した後は、ベルサール渋谷ガーデンでアフターパーティが開催されます。入り口でローソン提供のお茶を受け取った後、会場入りすると、そこはエキゾチックマター溢れる会場。一日の疲れが忘れるくらい美しかったです。


yamkeiさん(@yamkei)が投稿した動画 -

yamkeiさん(@yamkei)が投稿した動画 -


中では、真鍋大度氏とSETSUYA KUROTAKI氏のIngressのサウンド・映像・データを使ったDJ/VDを披露していました。クールすぎてしばらく見惚れてしまいました。


お隣の部屋では物販コーナーが大大大盛況でした。ここではさまざまなクオリティ高なグッズが頒布されていました。また、ローソンが公式Tシャツと食料品をいつもの制服で売っていたのが面白かったです。







これらはその中のほんの一部。


僕も少しですが購入しちゃいました。というわけで今回のイベントでゲットしたグッズたち。そういえば、アフターパーティー会場でワッペンが貰えたそうですが、そんな話聞いていないのですが……。


Cote&Cielのカバンにピンバッチと缶バッチを装着した!これで勝つる!


イベントの終わり18:15~


イベントの最後に川島氏からの挨拶と、賞品のプレゼントが行われました。まずはIgress賞ということで、Ingressの個人戦績から一週間で一番歩いた人。この方にはまだ国内で発売されていないパナソニックのAndroid搭載デジカメ「DMC-CM1」が送られました。超羨ましいです……!
続いてCheero賞ということで、抽選で20名の方にIngressロゴ入りCheero Energy Plus 12000mAhが送られました。また、CheeroからIngressとのコラボモバイルバッテリーが2015年1月に発売されることも発表されています。

cheero×INGRESS(イングレス)モバイルバッテリー



反則なくらいカッコイイデザインになっているので、僕も買ってしまうかもしれません。


続いてローソン賞は、なんとからあげクン1年分という太っ腹!こちらはユニークポータルウィジェット数が1000を超えるユーザーにプレゼントされました。


そして、肝心の結果発表。なんと、人数の関係で絶望的と言われたエンライテンドが見事勝利を収めました。僅差だったようですが、やはり例のCFが効いたようです。発表直後は緑陣営の歓声が沸き上がりました。


最後はお約束の集合写真を撮って、イベントは終了しました。


最後に


Ingressの面白さって人に伝えるのが難しくて、普段からネット界隈に生息していない人たちにIngressを理解してもらおうと思っても非常に難しいです。

そして、冷静に考えると、スマホのゲームに大人たちがここまでハマっている現状は非常に奇妙なものだと思います。

なんなんですかね、Ingressって(考えるのをやめてハックしにいこう!)。