2011年5月28日土曜日

MOMAX 2700mAh EXPOWERバッテリ(スタンド付き)Galaxy S SC-02Bを購入


Androidのバッテリー消費の早さに悩んでいる人も多いかと思いますが、
自分はGalaxy Sの予備バッテリーとして、docomoの純正バッテリー1個と中華製の60%まで
しかもたない不良品バッテリー1個をカバンにいれて使っていたのですが、やはり差し替える手間が
めんどくさいのと、前から大容量バッテリーには興味があったので思い切って買ってみました。
WILLCOM 03を使っていた時も買いましたね・・・


購入した大容量バッテリーはMOMAX 2700mAh EXPOWERバッテリ(スタンド付き)ホワイトで、
髭剃りみたいなパッケージに大容量バッテリー、専用カバー、ケースが付属しています。
送料無料にするためにディープパープルのポケットリングも一緒に購入。

数ある大容量バッテリーの中でこれを選んだ理由としては

・評判が良い
・価格がたった2480円
・背中についているスタンドが魅力的!

以上の理由です。
3000mAhの大容量バッテリーもあったのですが、3000mAhのわりには保たないだとかで、
なにより今回購入した大容量バッテリー専用カバーについているスタンドが
購入を後押ししたといっても過言ではありません。

スタンドはこんな感じ。



パチッと畳むのが心地良い。角度は調整できませんがなかなか良いです。
これでHTCにも対抗できるね!


しかし気になる点も。
バッテリーカバーがうまく閉まらない。下側にどうしても隙間ができてしまいます。


うまくやれば解決できそうですが、後回し。

バッテリーのほうは最初は12時間程度充電してから放電させ、その後満充電→放電を繰り返すと
本来のパワーを発揮すると書いてあったのでしばらくは様子見で使ってみますが、
最初の一回目の時点でわりと触っていたにもかかわらず13時間以上稼働できています。
慣らしが終わってからは、twiccaで頻繁に通信しつつTwitterを見たりしていても
朝から夜まで余裕で保ちました。普通に使ってれば一日で充電が切れることはありません。
具体的に言うと朝8時から使い始めて夜11時の時点でも53%残っていました。
ほぼ容量通り、1.8倍くらい使えそうです。
その分充電も時間がかかるので、計算しないと出掛けるときに間に合わなくなります。

分厚くなってしまった背面は慣れれば掴みやすいですし、たまに
標準カバーに戻したときに「薄っ!」と感動することができるのでなかなか悪くありません(笑)
なによりバッテリーが大容量という安心感はたまらないですね。
このバッテリーを着けていると「外でゲームをやろうかな」という気にさせてくれます。
標準ではバッテリーが気になっていかにバッテリーを保たせるかばかりに気を取られますからね・・・。
バッテリーに悩まされている人には本当にオススメです。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年5月27日金曜日

LGの3D対応LED液晶モニター「D2342P」発売記念ブロガーカンファレンスに参加しました


LGエレクトロニクス・ジャパン発売した3D対応LED液晶モニター「D2342P」の
発売記念ブロガーカンファレンスを行うとのことなのでお邪魔してきました。

Twitterハッシュタグは「#LGEJP_D42P


場所は赤坂ツインタワー 本館14階LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社会議室。


大きな地図で見る



参加者が10名程度ということで、会議室を使ったイベントでした。
会場にはPS3やPCなどが接続されたデモ用の「D2342P」が4カ所に置かれてました。


カンファレンスが始まると、LGエレクトロニクス・ジャパン株式会社 コンシューマー エレクトロニクス セールスグループ課長(長っ^^:)の道山さんから
今回の製品についてのご紹介をしていただきました。

3Dの仕組みを説明するとなると、シャッターグラス方式?偏光方式?などと
色んな単語が出てきてちんぷんかんぷんになってしまいそうなところを
なかなか理解しやすいプレゼンにまとまっていて大変分かりやすかったです!


今回の製品は偏光方式を採用したもので、ディスプレイとメガネに偏光パターンが施された特殊フィルムが貼られており、左目用の映像は左目に、右目用の映像は右目に届いて脳で合成されることで3Dに見えるそうな。

なのでメガネをかけた者同士でウインクすると相手のメガネの片目がサングラスのように
黒くなって見えるなんて面白いことも。

LGさんは2009年にW2363D-PFという3D対応モニターを発売していて、
今回も引き合いに出していましたが、そちらはシャッターグラス方式を採用していてどうしても暗く見えてしまうのだとか。
他にもちらつきや目への負担が多かったりするみたいなんですね。

今回の製品ではそれを克服してきたということで、担当者の方の話にも自信がうかがえましたよ!

他にも大きな特徴としては、

◆3Dモニター
・Flicker, crosstalk free
・明るい3D画質
・様々な3D映像方式に対応
・HDMI1.4a端子搭載

◆3Dグラス(付属)
・超計量設計
・充電、電池交換不要

◆3D Player soft(付属)
・2D→3D変換対応
・深度調整可能

などが挙げられていました。
最近のLGの3Dモニターは世界的な第三者認証機関の「テュフ ラインランド」より
フリッカーフリー製品認証を発行されており、ちらつきがほぼないですよーというお墨付きだそうです。詳しくはこちら

たしかに実際に見てみてもちらつきは感じられませんでした。
他にもcrosstalk free(二重に見えるぼやけ)もほぼなく、明るく映像を見ることが出来ます。
ずばり言えば家電量販店でよくお試しできる3D対応液晶モニター(何十万)とほぼ同じ感覚でした。
この値段でこれはすごいのかも。

そして良いなーと思ったのが、この3Dメガネです。


こちらは同梱されている標準のメガネで、重さが16gでとっても軽いので装着がストレスになりません。
この他にも自分のメガネに装着するクリップオンタイプも同梱されており、普段使っているメガネの上に更にゴテゴテした3Dメガネをかけて重い・・・なんて思いもしなくて済みそうです。
去年のCEATECでかけたどこぞの3Dメガネは重かった印象あるもんなぁ。
このメガネは単品でも発売される予定で、6月中旬頃に一つ千円だそうです。
そういえば前に映画館でもらった3Dメガネも使えるのかな?試してみたいですね。

付属の3Dソフト「TriDef」は、写真や動画などPC上で再生できるものを
擬似的に2D→3Dにして見ることができるソフトだそうで、今回のイベントでは実際に見られなかったのですがどういう仕組みなんでしょ。
ちなみにこのソフトはCore 2 Duo程度のCPUで十分動くので高いスペックの機器を買い揃えなくても対応が可能です。グラボなどを買い換えなくてもいいのは嬉しいですよね。

そしてこの製品の一番売りだと思うのがこのパフォーマンスで実売価格が3万円を切るという、
ハイコストパフォーマンスなところだと思います。いくら最近の液晶モニターの価格が
暴落しているご時世とはいえびっくりしました。
どうせ激安モニターを買うならちょっと足して3D対応にしてもいいんじゃないかなぁと感じます。
なによりこのディスプレイを買えばすぐにPCやゲーム機で3Dが楽しめるというのがすごく大きいんじゃないかな。


実際にこのモニターで3D映像を見てみると、今も印象に残っている映画館で観たアバターみたいにちゃんと絵が飛び出ます。
いやそれ以上でもそれ以下でもないんですが、正直普通に3Dが出来てて、「あぁこういうもんだなぁ」と違和感なく見られたのです。
それだけ普通に綺麗に見えたと伝わればいいんですが・・・w
映画バイオハザードの3Dが映像として分かりやすかったですね。普通に見入ってしまいましたw

ディスプレイの左右にいてもしっかり立体してるので多人数で見るのにも問題ないと思います。
上下は仕組み的に無理ですね。寝っ転がってみるのもダメかな。
綺麗に3Dに見えるポジションを見つけるとばっちり飛び出ます。
そういえばディスプレイ自体はノングレアっぽかったんですが、メガネを通すとグレアみたいに
つるつるに見えました。


ミクも飛び出ます。ちなみに下から覗いても見えません。残念?

ただ、見てて設定メニューを操作するのが難しそうだなーと思いました。
このディスプレイは様々な3D映像方式に対応しているんですが、切り替えが必要です。
会場ではOptimus Pad L-06Cを持ち込んでいる方がいらっしゃって
一緒に見てたのですが、設定がしづらそうでした。
もちろん設定後は綺麗に3Dで見えましたよ!良かったです。
こりゃ3Dカメラだって欲しくなりますねw


会場はこんな感じ。


後ろのほうには軽食も用意されていて、サンドイッチとのりしおのポテチおいしかったです。
のりしお最高です。


今回いただいたおみやげはこちら。
8GBのUSBメモリには資料などが入っていました。


というわけで、こんな感じでプレゼン、質疑応答、懇親会が開かれたのでした!
LGの方にも話しかけやすくて、とても良いイベントでした!
そして今回のカンファレンス参加者には「D2342P」の実機がいただけるとのことなので
届き次第、レビューしたいと思います。

レビューはこちら

3D対応LED液晶モニター「D2342P」実機モニターレビュー | Digital Grapher




更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年5月24日火曜日

LGの3D対応LED液晶モニター「D2342P」発売記念ブロガーカンファレンスに参加します




LGエレクトロニクス・ジャパンが発売している3D対応LED液晶モニター「D2342P」の
発売記念ブロガーカンファレンスが明後日、26日に行われるのですが
運良く参加させていただけることになったので行って来ます。

イベントでは最新の3D対応モニターを実際に体感しつつ、機能や独自の技術についての詳細を
ご紹介していただけるとのことなのでいろいろ聞いてきてレポしたいと思います。

さらには 「D2342P」本体をレビュー用にいただけるとのことなので、実際に家で使ってみた感想なども
書けそうです。
ちょうどうちでノートPCのサブモニター・PS3用としてLGのW2361VG-PFがあるので
比較もできるかな。3D対応モニターは初めてなので楽しみです。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年5月23日月曜日

アジャイルメディア・ネットワーク様よりiTunesカード1500円分をいただいた


英単語学習iPhoneアプリ『Super 英単語 30000』発売記念キャンペーンだそうです。
ありがとうございます。


iTunesカードってこんなにオサレだったのか。財布にいれておきたいくらい綺麗なカードですね。
普段はクレカで買っているので初めて使いました。裏面に書いてあるコードを
iTunesで入力することによってチャージ完了。

24日から発売される「Super 英単語 30000」というアプリは
30000単語という数に加えて、英検、TOEIC、日常英語など約50種類の様々なテーマ別学習に
対応しているんだとか。しかもこれが115円ってかなり安いと思います。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2011年5月5日木曜日

24時間無料通話が可能な「Viber for Android」のβ版をインストールしてみた


追記・正式版が公開されました!

「Viber(バイバー)」とはインストールしたiPhone同士で無料通話が可能になるアプリです。
もちろん無料。同じようなアプリのSkypeとの違いは相手の電話番号さえわかれば
すぐに通話することができる点です。IDを必要としないので敷居が低く、更に通話待機状態時に
バッテリーの消費が少ないので、かなり実用性の高いものになっています。
震災時も電話は繋がらなかったけどViberなら繋がったなんて話もよく聞きます。

今まではiPhoneしか対応していなかったのでAndroidユーザーは指をくわえて見ていることしかできなかったのですが、
最近やっとAndroid版もβテストが開始され、事前登録した人のみですがapkファイルがダウンロードできるようになりました。

私も以前事前登録していたので、こちらのリンク先で項目を入力したら無事apkファイルをダウンロードすることができました!
事前登録していない方で使いたい!という人はこちらのリンク先で登録を済ませておくと募集の案内が出るので
やってみるといいかもしれません。

それではさっそくViber for AndroidをGalaxy Sにインストールしてみました。


先ほどダウンロードしたapkファイルを直接インストール、完了するとこんな画面が出てきます。



ViberはSkypeに近いものだけどIDやコンタクト追加は必要無い。電話番号がIDとなるのだ!(どやっ
的なことが書かれています。ContinueをタップするとSNSでアクティベートの4桁の数字が送られてきます。
すると勝手に入力してくれるので画面に従って進んでいくと登録完了です。
非常に簡単でした。




ついにViberがキターーー!感動ですね。

アドレス帳はもちろんそのままケータイで使っているものが使えます。
Viberで通話できる相手は名前の横にViberの文字が表示されます。これをタップすれば
簡単に通話開始できますね。


もちろんViberを使っている人だけを表示することも可能。
全員iPhoneユーザーです(笑)



使ってみて驚いたのは通話履歴がケータイ本体の通話履歴と同期していることです。
Viberの通話履歴を開くと今まで通り普通にドコモで電話した履歴が表示されます。
Viberを使って通話した履歴もここに表示されるのですが↓


なんと、ケータイ本体の通話履歴にもViberを使って通話した履歴が表示されます。
こりゃすげえ!電話代わりとしてシームレスに使えるわけですね。


今回初めてViberを触ったんですが、Skypeなんて目じゃないレベルで便利だなと感じました。
ここまで簡単に電話の代わりとして違和感なく機能するなんてアプリの完成度の高さに正直びっくりします。
後は実際に使ってみてバッテリーの消費だとか音声通話の質を確かめてみたいです。

今はまだβで、マーケットにも公開されていませんが早く一般公開されてViberが
普及すればいいなと思います。わりとマジで。
ちょっと未来を感じる!

実際に動作している映像はこちらです。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

このブログの最新記事