2012年10月30日火曜日

au iPhone 5 32GBに機種変しました



au iPhone 5 32GBを購入しました。


初代Galaxy Sで契約し、Xperia arcからGALAXY NEXUSとSIMを入れ替えて使っていたドコモからauにMNPです。
今までスマホはAndroid一筋で、iOSよりもAndroidのほうが機能的には優れていると感じていたので、iPhoneを使うことはもう無いだろうなぁとか思っていたんですが、そろそろAndroidも安定してきて飽きたし一度くらいは使っておくかなと思った次第であります。

iOSはもう手放してしまった第二世代iPod touchとリビング用のiPadがありますが、まじめに使うのはかなり久し振りかも。iTunesにも2008年頃に使っていたiOSアプリの残骸がありますが、主流なアプリも変わっていると思われるので1から環境構築していきたいなと思ってます。

他にもauのスマートバリューとMNPを組み合わせると維持費が安すぎて、ドコモ2年以上使うのが馬鹿らしいっていうのもありました。僕のiPhone 5ちゃんはフルに使っても月4,298円です(キリッ)
スマートバリュー&MNP万歳。

10月14日にコジマ電機で予約した際には「一ヶ月ほど待ちです」とは言われたものの、27日には入荷したのでiPhone 5の在庫が潤沢になってきた感じですね。


家族の分も一緒に購入したら、
なんかゴミがいっぱいついてきたけど気にしないよ!(モバブーはゴミではない)
他にも複数口のスイッチ付き電源タップが貰えたりと、大盤振る舞いでした。
利益でてるのか・・・?

もちろんAndroidはこれからもGALAXY NEXUSちゃんとNexus 7ちゃんで最新OSを追いかけまわします!Nexus万歳!
(とか言いつつ、iPhone快適すぎて既にGALAXY NEXUSはもういいかなとか思い始めてたり・・・!)

AndroidからiPhoneに乗り換えて思ったことやTIPSなどは次回以降。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2012年10月29日月曜日

某風呂蓋みたいなNexus 7のケース"NAVITECH Google Nexus 7 Smart Cover Case"を購入



Nexus 7のケースをAmazonで購入。
iPadの風呂蓋(スマートカバー)みたいなものが欲しかったので、NAVITECHのGoogle Nexus 7 Smart Cover Caseというのを選んでみました。カラーは紫。バイキンマンっぽいです(笑)


ケース自体は↑こんな感じで、蓋とNexus 7本体を収納するプラの部分があります。
プラの色がグレーなのはちょっとカッコ悪いかな。
裏面↓

          

ケースの手触りは水を弾きそうな感じのさらさら感。


本体装着。


イメージ的には紫の蓋でぐるっと包んでる感じです。
蓋はマグネットでピタッと止まるので使い心地が良い。


もちろんスタンドにすることも可能。


蓋を開けて裏へ回したときにダラッとしてしまうのは仕方ないかな。
ちゃんとマグネットが仕掛けられているので、蓋を開けると画面点灯、閉めると消灯が可能です。
ここ大事なポイントですね。


端子類は問題なく穴があいていますが、↑ここの接点の穴の空き方が怪しいので、
今後、純正充電スタンドみたいなものが出たときに使えないかもしれません。

これで電車の中で電子書籍を読む→駅についたら鞄にポンとつっこむことができるようになり
とても使い勝手が良くなりました。780円でこのクオリティなら大満足です。

と、オススメしたいところではあるのですが現在Amazonではピンク以外すべて在庫切れになっています。



価格は倍になってしまいますが、OEM品?なのかロゴ無しバージョン&色違いで、
モノはまったく同じ商品を発見。倍といっても1480円なので、欲しい方はこちらもオススメです。



更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2012年10月19日金曜日

「MOTOROLA RAZR M」タッチ・アンド・トライイベントに行ってきました


10月18日に開催されたブロガー限定:「MOTOROLA RAZR M」タッチ・アンド・トライイベントに行って参りました。


場所はアイティメディア株式会社会議室です。

 


今回のイベントではソフトバンクの2012年冬・春モデルとして発表されたMOTOROLA RAZR Mにいち早く触れるというイベントで、製品タッチ&トライの他、ITmedia Mobile編集長様やモトローラ・モビリティ・ジャパン担当者様の製品紹介、「OCTOBA(オクトバ)」編集部様によるファーストインプレッションとオススメアプリの紹介が行われました。



MOTOROLA RAZR Mは4.3インチ(540×960ドット)のSuper AMOLEDディスプレイを備え、Snapdragon S4 MSM8960 1.5GHzデュアルコアプロセッサを搭載したAndroid 4.0搭載のスマートフォンです。


手に持ってみるとスリムコンパクトで手によくなじむ。
周りの外周部が感触はゴムっぽいのに爪をたててみると固いという不思議な感触。背面のケブラー素材と相まってグリップが良くとても持ちやすかったです。
そして画面の隅々まで指が届くというのは正義だなーと再認識。

それでも4インチの画面を備えたiPhone 5と縦の長さがほぼ同じなのに、画面サイズはRAZR Mのほうが大きい。狭いベゼルのおかげです。


厚さは決して薄いわけではありませんが分厚くもありません。とにかく持ちやすいの一言。
質感も非常に高く、私が今まで見てきたAndroidスマートフォンの中で上位に入るレベルです。(褒めすぎかな?)


側面のネジですらかっこいい。(褒めすぎ)


そしてなんといっても背面の黒いKEVLAR(ケブラー)ファイバー素材が最高にクールです。鋼鉄の5倍の強度を持つとのことなので、後ろからの攻撃には強そう(?)
今回、日本市場向けにホワイトもカラバリに追加されていますが、カラーによって厚さに違いがあり、ブラックは8.3mm、ホワイトは8.8mmとなっています。
これはケブラー素材が白の光沢を出すのが難しく、ホワイトはケブラー素材ではなく強化プラスチックを使用しているからとのことです。どうせならブラックを選びたいところですが、ケブラー素材にそこまでこだわりが無い人はホワイトを選んでも良さそうですね。僕は実機を見たらホワイトが猛烈に欲しくなりました。

続いて中身。


ヌルヌル具合は申し分なく、タッチパネルの感度も大変素晴らしいです。



ホーム画面一つ取ってみてもモトローラによるカスタマイズがかなり施されていて、RAZRの世界観が現れているなぁといった感じになっています。
心地よく動いてくれるので操作していて気持ちよかったのが印象的でした。

カメラのシャッター音も「カシャッ、キュイーン」というマニア心くすぐる音で、僕はここでノッックアウト(笑)

他に独特な機能としてモトローラのAndroidスマートフォンには"スマートアクション"という利用者のライフスタイルに合わせて自動的に設定をいじってくれる機能が搭載されており、通勤通学の時間や場所によって自動でマナーモードのONOFFできたりなんてことが可能です。
でもタッチアンドトライで触ってみたところなんだか設定が難しそうでした。。(動画参照)

おサイフケータイにも対応していますが、NFCとワンセグ、赤外線には対応していません。
「ガラスマ機能はいらないけどおサイフケータイだけは便利に使ってるから手放せない!」という方もこれなら大丈夫そうですね!
これらのガラスマ機能を搭載しながらも、OSのアップデートなどは迅速に行う予定だとか。期待できそうです。


通信はSoftbank 4Gに対応しており、最大下り76Mbpsの高速通信が可能です。
会場でテストを行ってみたらすさまじい数字が。


この後、実測で下り70Mbpsを超える時もありました。いくら回線が空いてるからとはいえ速すぎでしょう。恐るべし4G。
ちなみに設定から普通に4GのみOFFにしたりすることも可能です。

しかし、爆速のSoftBank 4G・・・使ってみると気になるところも。

イベントの最後には謎のモトローラドロイド君(サッカー仕様)USBメモリをいただきました。


端末の完成度が非常に高く、メインで使いたいなーと思わせてくれる
カッコイイスマートフォンでした。本日よりテレビCMの放映や今後渋谷ジャックイベントなども予定されているとのことなので、興味がある方はぜひお店で。

~追記(2012.11.12)~
本イベントのITmediaさんの記事はこちらです。

発売前の「Motorola RAZR M」を、いち早くモバイル・ガジェット好きのブロガーの目に試してもらうイベントを開催。参加者のブログに掲載された感想から、RAZR Mの魅力に迫った。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

フォクすけぬいぐるみを貰った!"生まれ変わったAndroid版Firefoxキャンペーン"



"生まれ変わったAndroid版Firefoxキャンペーン"でフォクすけぬいぐるみが当選しました!


みてくださいこのしっぽのほわほわ感!かわええ!!!!!
もったいなくて袋から出せないよ・・・。
Android版Firefoxぜんぜん使ってないけど気にしない!!!

10月23日から第2弾が始まるようなのでまだチャンスはあります。
欲しい方はいますぐチェック!

http://get.foxkeh.jp/

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2012年10月18日木曜日

Android搭載でiTunesと同期できる!WALKMANウォークマンFシリーズ”NW-807”を購入&レビュー



こんにちは(@yamkei)です。
2012年10月18日に発売された新型ウォークマンのFシリーズを購入しました。
というのも、今年1月に購入したZシリーズを満足してずっと使っていたのですが、音楽プレイヤーとしては本体がデカすぎて我慢ならず、小さくなったFシリーズ発売の匂いがぷんぷんし始めた頃・・・今年の8月にZを手放しておりました。(購入時とほぼ変わらない価格で売れてなんというかもう拍子抜け)
約7ヶ月しか保ちませんでした()


今回購入したモデルは64GBのメモリを搭載したNW-F807です。

パッケージがキラキラレインボーに輝きプレミアム感のあったZシリーズの箱に比べ、Fシリーズは普通のソニー製品っぽい箱になっています。本体カラーに問わずパッケージの写真はブルーのようです。


初音ミクウォークマンの影響により、予約する直前までは一目惚れしてしまった"ブルー"を予約するつもりだったのですが、モックを触ってみたら各色とも裏面がアルミっぽいサラサラしている感触なのに対して、ホワイトだけが厚塗りでツルツルしているのが感触良く、気づいたら直前でホワイトを予約していました^^;


今回のFシリーズは、ウォークマン初のAndroid搭載モデル"Zシリーズ"の不満点であった「本体サイズのデカさ」を解消しており、非常にコンパクトなモデルとなっています。片手で操作しやすく、音楽プレイヤーとしての使い勝手がかなりアップしています。

サイドには音量ボタンの他にW.ボタンを搭載。曲送りや曲戻し、一時停止/再生を行う操作パネルを一発で表示できて便利です。(純正プレイヤーのみ操作可)
Zシリーズと比べるとHDMI端子が省略されていたり下位互換的なイメージもありますが、今買うならぜひこっちを選ぶべきです。


小ネタですが、梱包時に本体背面を包んでいた↑このクッション、ウォークマンF本体にプリントされているウォークマンロゴがわざわざ見えるように窓がついていました。どうでもいいところで芸が細かいのには笑います。


こちらが付属品。
・イヤーピース(S/M/L)各2個
・イヤホン
・WM-PORT-USBケーブル
・WM-PORTキャップ
・ドック用のアタッチメント


付属イヤホンのジャック部分にWM-PORTのカバーもくっついています。頭良い構造ですな。
ちなみにウォークマンのノイズキャンセルと今回から新しく搭載された高音質化技術「クリアフェーズ」を最大限利用するためにはこの付属のイヤホンが必要になります。(他にも対応しているソニー製イヤホンやヘッドホンも販売中)

そういえば外での充電用にWM-PORTのUSBケーブルを買い足さなきゃなぁ。
セリアという100均でウォークマン用のケーブルが売っていたりするので重宝してます。

今回は裸で使うつもりなので液晶保護シート以外は特に購入するつもりはなかったのですが、お店で売っていた液晶保護シート1枚が780円なのに対し、レイアウトのシリコンケースセットだとケースの他に液晶保護シートが2枚もついて1280円というものがあったので、そちらを購入しました。


スペック的にはCPUがTegra2でRAMが512MBと、最新のスマートフォンには及ばないものの、よっぽど高負荷な動作を求めない限りは問題ありません。動作はヌルヌルとまではいきませんがサクサク動きます。ウォークマンZシリーズに見られたカクカクみたいなものはなかったかなー。
ZシリーズもAndroid4.0にアップデートされたら同じくサクサクになると思われます。
自分はあくまで音楽プレイヤーとして使うつもりなので満足できそうです。

セットアップ中の動作はこんな感じです。少しは動きの参考になるでしょうか。



曲を何千曲も入れると、純正ミュージックプレイヤーではアルバム一覧などがスクロールでもたつきます。そして表示も遅い。これはちょっと改善してほしいですね。
といってもZの頃からこんな感じなので4.0で改善されなかったということは今後も期待できなさそう。
自分はPlayerProなどの非純正プレイヤーアプリを使っています。
欠点をアプリで補えるのがAndroidの良いところですね。(ソニーはもっとがんばれ)


音質

イヤホンはER-4Pを使用していますが、素人の耳にも音質はやはり良いなぁと感じます。
結局はイコライザーをぎゅわんぎゅわん効かせて聴くのですが(´Д`)

付属イヤホンもそこそこ良いモノですが、やはりここはイヤホンも奮発するのをオススメします。
遮音性が高いイヤホンを使えばノイズキャンセルは不要になりますよ。


やっぱりAndroidウォークマンの魅力は・・・

ところで、当記事のタイトルが実はWALKMAN Zシリーズを購入したときとほぼ同じタイトルになっています。

Android搭載のおかげでiTunesと同期できる!WALKMAN"ウォークマン" Z seriesを購入

なぜなら今回のWALKMAN FをはじめとするAndroidウォークマンはiTunesと同期できるのが最大のメリットだと感じているので、そこを知って欲しいという意図があるためなのです。

今までiPodを使用しており、音楽はiTunesで管理していた人にとって、音楽ライブラリを他のソフトに移行させるのって結構キツいと思います。「iPodに比べてウォークマンは高音質!」と聞いてウォークマンを使ってみたいなと思ってもiPodから逃れられないといったジレンマがあった人も多いのではないでしょうか。ソニーのソフトウェアは評判も良くないですしね。

しかしAndroidを搭載したウォークマンなら上記の記事通り、アプリを使ってiTunesで同期することが可能なのでウォークマンをiPodと同じように同期管理することが可能になります。もちろん曲の再生回数やレート、プレイリストなどの相互同期、Last.FMへの再生情報同期までも抜かりなくOKです。
自分もこれのおかげでiPod touchからウォークマンへ移行できて非常に満足しています。

~追記~
iSyncrで曲を同期させると、w.ミュージックでのみプレイリストがうまく読み込まれません。
WALKMAN Zの時は大丈夫だったので、w.ミュージックのバージョンのせいかも。
私は今のところiSyncr+PlayerProの組み合わせで使っています。

ウォークマンにAndroidが搭載されたというのは革命ですMAJIDE
お店でも大々的に展示されているはずなのでぜひ手にとってみてくださいませ。





2013年モデルの新型ウォークマンFシリーズの記事はこちらです

本命キタぞ!新型ウォークマン『NW-F880シリーズ』『NW-ZX1』ファーストインプレッションレビュー | Digital Grapher


【レビュー】Android搭載でiTunesと同期できる!新型ウォークマンFシリーズ "NW-F887"を購入 | Digital Grapher

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2012年10月15日月曜日

SoftBank 4G対応スマホ第一弾「STREAM 201HW」ブロガーイベントに行ってきました



10月10日よりソフトバンクから発売開始されている「STREAM SoftBank 201HW」のAppComing主催ブロガーイベント『Android搭載スマートフォン新製品タッチ&トライ2012Autumn』にお邪魔してきました。


ファーウェイさんのブロガーイベントはいつも冒頭に会社説明から入るのが印象的です。
今や各キャリアから有名なPocket Wi-Fiだけにとどまらず色々なファーウェイ製端末がリリースされており、確実のシェアは広がっているようです。(写真立てとか写真立てとか写真立てとか)
詳細は以前のブロガーイベント記事をご覧になっていただけるとありがたいです。
ファーウェイ ジャパン主催 VISION SoftBank 007HW ブロガーズミーティングに参加してきました

今回のイベントの主役は新発売の「STREAM SoftBank 201HW」という端末です。
カラーバリエーションがライトニングブラックと炎を意味するフレイムブラックの2つで、側面がオレンジ色のフレイムブラックは存在感がなかなかありましたよ!


背面はライトニングブラックが光沢のあるつるつる素材、フレイムブラックが非光沢ということで、これはある意味背面カバーだけショップで注文すれば好きな素材に自由に変えることが可能ということでもあります。選べる自由というやつです。


側面はストリームという名前の通り、流線型を模したデザインになっていてお尻がキュッと上がっています。


有機ELの画面が4.3インチとコンパクトということもあり、手に馴染みやすく持ちやすかったです。


そしてこの端末、SoftBank 4Gに対応しているスマートフォン第一弾でもあるので
さっそくどんなもんかとスピードチェックを行ってみました。
ちなみにこちらが3Gでのスピード。ドコモよりも上りは速かったりまぁ悪くはないですが。


そしてこちらがSoftBank 4Gでのスピード。


うへえ!速すぎ!まだユーザーが少ないっていうのもあると思いますが下りなんかは固定回線並の速度が出てます・・・。


簡単でしたが後日、この「STREAM SoftBank 201HW」をお借りすることになっているので、中身はまた今度じっくりお伝えできればなと考えております。

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

このブログの最新記事