2006年3月16日木曜日

mmf形式の着うたの作りかた


<<用意する物(すべてフリーソフト)>>
・SCMPX  (DL)
MP3ファイルなどを着うたにしたいときに、編集できるようにwav形式に変換するソフトです。
・Sound Engine  (DL)
wavファイルから着うたにしたい部分を作るソフトです。
・SscMA3  (DL)
mmf converterⅡをお使いのPCで使用できるようにするものです。
・mmf converterⅡ  (DL)
wavファイルを携帯で聴けるmmf形式のファイルにするものです。

<作り方>
1,まずMP3ファイルをSCMPXでwavファイルに変換します。
(DL)←ココからSCMPXをDLします。

2,起動したら下記のようなものが表示されると思います。


矢印のボタンを押します。

3,画像のように選択します。



するとファイル選択画面になるので、目的のMP3ファイルを選択します。
選択すると次は保存する場所を聞かれるので、デスクトップと選択しておきましょう。(わかりやすいところ)

4,wavファイルができたら、次は着うたにしたい部分を切り抜きます。
(DL)←ココにあるSoundEngineをDLします。

5,DLしたら実行しましょう。



このような画面になります。
そしたら先ほど作ったwavファイルをグレーの部分にドラックするか、
ファイル→開くでwavファイルを選んでください。

6,するとwavファイルを読み込んでくれます。


7,すると波形が表示されます。
適当に再生して着うたにしたい部分を決めたら、その部分をドラックして
画像のような状態にします。


色が反転した部分を右クリックして、切り取りを選択します。

8,処理が終わったら、ファイル→新規作成を選びます。
そのファイルは保存しなくてOKです。

9,新規画面になったらグレーの部分で右クリックして
貼り付けを選択します。

10,無事貼り付けできたら、左上らへんにあるボリュームで
丁度良い音量にしてから、ファイル→保存を押してデスクトップにでも
保存しましょう。

11,次は携帯で聴けるようにmmfファイルに変換します。

12,mmf converterⅡを使うためにSscMA3をDLします。
(DL)

13,DLしたファイルを開いて、3つあるファイルのうち「Installer」を選択して、その中にある「Setup.exe」を選び、インストールしてください。画面にしたがっていけば普通にできると思います。

12,mmf converterⅡをDLします。
(DL)

13,DLしたら起動しましょう。


こんな感じに表示されたら、参照を押して先ほど作ったwavファイルを選択します。

14,選択すると下の画像のように、赤い○のとこにはサイズが表示されると思います。
au携帯では1500kbまでのファイルを扱えるので、サイズを1500kb以下にしなくてはいけません。
サイズを調整するには、緑の線のところのサンプリング周波数を弄ります。
いろいろ数字がならんでますが、数字が大きいほうが音質がよくなります。
今回は元のファイルサイズが小さいので最高音質の20000にします。


15,調整が終わったら、変換開始を押します。
そうすると指定した場所にmmfファイルができているはずです。

16,出来たmmfファイルをminiSDカードやメールで携帯に移して再生してみてください。
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

このブログの最新記事