2013年9月26日木曜日

本命キタぞ!新型ウォークマン『NW-F880シリーズ』『NW-ZX1』ファーストインプレッションレビュー




 こんにちわ、iTunesと同期できて嬉しいAndroidウォークマン愛用中のやむけい(@yamkei)です。先日、ソニーから新しいウォークマンが発表され、特に"ハイレゾリューションオーディオ(ハイレゾ)対応の"Androidウォークマン「NW-ZX1」と「NW-F880シリーズ」は注目を集めているようです。

 僕はAndroidウォークマンをZシリーズ(該当記事)Fシリーズ(該当記事)の両機種とも購入して使っているので、今回も新型の海外発表時から注目していたのですが、なんとソニーストア銀座で今日から新型の実機が展示されるとのことなので、さっそく行ってきました。去年も同じようなことしてましたね・・・。


(画像はすべてクリックで拡大できます)



前モデルの不満点を解消しつつハイレゾ対応"S-Master HX"搭載の「NW-F880シリーズ」


 前モデル「NW-F800シリーズ」の後継である「NW-F880シリーズ」は、幅58.7×高さ116×奥行き8.2mmと、iPhoneよりちょっと小さいサイズ感を継承しつつも、画面サイズが4インチにアップしています。本体サイズをほぼ変えずに画面サイズを大きくしてきたのはとても良い仕事ですね。重量も約103gと軽量。やはり音楽プレイヤーはこの程度のサイズがちょうどいいです。


 ソニーの液晶技術「TRILUMINOS (トリルミナス)」対応となった画面の質はぱっと見、前モデルとそんなに違いがわからなかったので、特段綺麗になったという感じはしませんでしたが、十分動画再生などにも耐えられると思います。でもスマホでRetinaに慣れた人はそっちで見ちゃうよねきっと。


 本体右側面には要望の多かった再生/停止、曲送り/戻り、ボリューム、それぞれのハードウェアボタンをついに搭載。ポケットの中で画面を見ることなく操作が可能になりました。

 ・・・が、僕は今でも"W.Launcher"と組み合わせたハードウェアボタン1個のほうが操作しやすいのでは?と思っていたりもします。ポケットの中で小さいボタンの位置を探るよりも、1回押したら再生/停止、2回押したら曲送りとかのほうがわかりやすいんじゃないかなーって。

ハードキーが無いAndroidウォークマンF&Zシリーズに救世主!W.ボタンで自由にコントロールできるようになるアプリ"W.Launcher"がすごく便利 | Digital Grapher



上部には電源キー、下部にはシルバーのデザインが目を引くイヤホンジャック、WMポート、ストラップホール。


 そして背面のメッシュになっているウォークマンのロゴ部分が、実はスピーカーになっています。モノラルなので音質は決して良くありませんが、アプリやゲームで便利に使えることでしょう。NFCも搭載されたので、対応しているヘッドホンやスピーカー、スマホとの連携も可能になりました!


 そして、バック/ホームボタン/マルチタスクなどがソフトウェアキーになったのもポイント。前モデルはバックライトがないタッチセンサーだったので、暗いところで使いづらかったりしたのですが、改善しています。前モデルNW-F800シリーズから小さなところで着実に使い勝手がアップしている印象です。ハイレゾのシールかっこいいデース。
 

カラーバリエーションによる質感の違い


 カラーバリエーションは、16GBモデルと32GBモデルがブラック、ホワイト、ブルー、ビビッドピンクの4色。64GBモデルがブラック、ホワイトの2色。カラバリは前モデルのNW-F800シリーズと同じ流れを汲んでいます。


 ホワイトの筐体は唯一、艶消しでさらさらした陶器っぽい質感。僕のイチオシです。迷ったらホワイトを買いましょう。マジでオススメです。




 ブラック、ブルー、ビビッドピンクは背面がアルミ筐体でひんやりする手触り。アルミ特有の光沢感があります。こちらも前モデルと同じバリエーションなのですが、僕は「新型はブルーとピンクのトータルデザインが良くなってる!!」と感じております。

 というのも、僕が前モデルのNW-F800を買おうとした当時、ブルーを買う気満々だったのですが、実機を触って急遽ホワイトに変更したという経緯があります。


 なぜかというと、表面の下部にある↑この部分が非常に安っぽく感じてしまったからです。個人的な感想なのですが、まるで「青い紙を貼りました」みたいな印象を受けてしまって、一気に萎えてしまったのです。(ブラックとホワイトは大丈夫)


 ところが新型は、どのカラーもすべて前面がブラックパネルで覆われており一体感がある上、ウォークマンロゴ部分が2層構造になっていて、本体カラーが透けるのでとてもクールな印象となっています。

 「すげー!良くなってる!!これは初音ミクブルー買うしかねえ!!」とテンションが上がったのですが、なんとNW-F880の64GBモデルはブラックとホワイトのみ・・・・なかなか人生うまく行きませんな・・・。

今回も買うならホワイトになりそうです。まぁ良いんだけど。


一番の気になるポイント!動作はサクサク?もっさりしない?


 過去モデルのAndroidウォークマンユーザーの最大の悩みと言えば、Zシリーズ、Fシリーズ共にRAMメモリが512MBしかなく、動作がもっさりして操作にストレスを感じることでした。もちろん音楽プレイヤーとして使うならそこまで問題ではないのですが、アプリやゲーム、マップを積極的に使おうとは思えないほど、ちょっとAndroid機としての動作には正直難がありました。。。


でも今回は大丈夫です!


 実機を触って確信しました。「Androidウォークマンの本命キター!」と。新型のNW-F880シリーズはCPUがOMAP4 Cortex-A9 デュアルコア1.0GHzRAMは1GBを搭載。OMAP4と言えばGALAXY S II、GALAXY NEXUS、ARROWS X、ARROWS Z、ELUGA V、Kindle Fireに載っていたCPUです。一昔前のモデルですが、僕も使っていたことのあるGALAXY NEXUS程度に動くなら必要十分。さらにRAMもAndroid界でスタンダードの1GBを搭載ということで、これなら戦える!


動画は撮って出しで無駄に長いので適当にスクロールしてください


↑こちらは実際に動作しているところ。W.ミュージックでアルバム一覧や曲をスクロールしている時にスムーズに移動しているのがわかるでしょうか。悲しいですが、前モデルではこんな動きが結構厳しかったのです(笑)

 なんというか操作していて、動きに余裕があるというか、今時のスマホのような動作がやっと、やっと!Androidウォークマンでも出来るようになったんだなぁと感激してしまいました。これなら色々アプリを入れて使ってみようと思えますね。ヌルヌル動くと言って差し支えないと思います。

 W.ミュージックなどの純正プレイヤーも見た目が変わり、Xperiaっぽくなっています。他にもビジュアライザー機能がついていたり色々進化している模様。

ここでご紹介していない「NW-F880シリーズ」のその他詳細スペックなどは公式サイトをご覧ください。


ウォークマンFシリーズ | ラインアップ | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | ソニー




ガチなやつだ!超ハイエンドのフラッグシップモデル「NW-ZX」


 こちらは「NW-F880」をベースに、128GBの大容量メモリやアルミ削り出しボディ、高級パーツをふんだんに使用して音質を極限まで極めたウォークマンの最高峰、新しいフラッグシップモデルになります。価格が7万5000円からと、一般層には手が届かない商品ですが、一部のマニアにはたまらないかもしれません。心震えるってこういうこと?



 最初に手にとって驚いたのが「軽い!」ということ。見た目からするとかなりゴツくて重そうなイメージですが、幅59.7×高さ122.3×奥行き13.5mm(最薄部 9.8mm)で約139gと全然大したことありません。ポケットに普通に入ります。裏面は革っぽい手触りで玄人向けをアピールしているようです。


右側面にはハードウェアボタンも搭載。大きくて押しやすかった。



 ポータブルアンプとプレイヤーを持ち歩くならNW-ZX1で十分という方も出てくるかも。ソフトウェア(中身)はNW-F880と同じなので割愛します。こちらもサックサクでしたよ。

中身はF880と一緒なのでそちらの動画もどうぞ

ここでご紹介していない「NW-ZX1シリーズ」のその他詳細スペックなどは公式サイトをご覧ください。

ウォークマン ZX1 | ラインアップ | ポータブルオーディオプレーヤー WALKMAN ウォークマン | ソニー



音質は?


 騒がしい店頭というのと、僕が良い耳を持っていないということで、試聴の詳しいレビューはできないのですが、「NW-F880」と「NW-ZX1」を両方聴いてみたところ、心地いい重低音と綺麗な高音が両方バランス良く聴こえてきて、すごく心地よかったのを覚えています。特に低音は、まるで自宅のコンポで聴いているかのような錯覚を覚えました。前モデルのNW-F800では無かった感覚です。「こんなに違うの?」って感じ。

ってやつですか!?(違う)

 内蔵されていた音楽ファイルはおそらくATRAC(画像参照)と思われるのでハイレゾ音源では無いのですが、圧縮音源を補正する技術もかなり進歩しているのかもしれません。詳しくは公式サイトでお願いします。(投げた!)

ちなみに僕は「NW-F880」と「NW-ZX1」、聴き分けられませんでした。(あれ?)
他の方に聞いてみると、「F880もかなり良いが、ZX1を聴いてしまうと戻れなくなる」だそうです。ZX1すげえ。


やっと他人にもオススメできる、真の「Androidウォークマン」か

純正ケースもかわいい

 今までAndroidウォークマンは全シリーズ実際に購入してレビューをお届けしていますが、どうしても動きがもっさりというのがネックで、「トリッキーな使い方をする方にオススメです」と書いてみたり、他人に自信を持ってオススメすることはできませんでした。

 しかし、今回の新型モデル(特にNW-F880)はスペックもやっと人並み(?)になり、動きも良く、バッテリーも35時間くらい保つということで、だいぶ一般ユーザーにオススメしやすくなってきたのかなと思います。ここまでくるのに2モデルも費やしたのですから「やっとか・・・」といった気持ちもあるのですが、もうこれでモッサリ音楽プレイヤーとおさらば出来るのかと思うとなかなか感慨深いものがありますねぇ・・・。


あっ!手が滑ったーーーー!!!


2013/10/17 購入しました

Android搭載でiTunesと同期できる!新型ウォークマンFシリーズ "NW-F887"を購入&レビュー | Digital Grapher


更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2013年9月23日月曜日

iPhone 5をiOS 7にアップデートしてイマイチ・・・と感じた7つのポイント


 こんにちわ、やむけい(@yamkei)です。9月20日から待望のiOS7が配信開始され、既にお使いの方が大多数だと思います。今回から開発責任者がスコット・フォーストールからジョナサン・アイブにバトンタッチし、見た目も機能も大きく様変わりしました。

 僕もさっそくアップデートしてバリバリ使っておりますが、すべてが新鮮で良いなーと思う半面、「ここイマイチかも・・・」と思う点もいくつか存在します。

 そんなわけで、三日間ほど使った感想をちょっとだけここに書いておこうかなと思いますよー。


アニメーション中に操作できない間があってイラッ



 iOS7は非常にダイナミックな動きをするアニメーションが特徴で、良い所でもあり悪いところでもあります。実際に操作してみて気になった点がいくつか。

・ホームボタンを押して画面を点灯させるとき、ふわっと一瞬遅れて点灯する
・スライドでロック解除時、外側からアイコンが中心に寄ってくるアニメーションの最中は操作できない

 この二つが実際に使っていて気になりました。前者の遅れる画面点灯はもう慣れてきましたが、後者はちょっと使い勝手が悪いなと感じています。みなさんはどうですか?


フォルダの中のアイコンの並びが3×3になったのはちょっと・・・


 iOS6までは、フォルダの中にアプリを格納したときに4×4の並び順だったので、今までのアイコンの位置を指が自然に覚えていたりすると、iOS7でちょっと違和感を感じます。

 また、フォルダに格納できるアプリの数が最大135個に増えたのは嬉しいのですが、1ページで表示できるのは9個までで一覧性が減ってしまったのと、フォルダの中に次ページがあることが見た目でわかりにくいのがちょっとイマイチ。


シンプルなUIがカッコイイけれど、わかりにくい面も


 例えば写真アプリのこういう画面。今回は文字がベタっと置かれているだけです。今までは「押せそう」と思える"ボタン"みたいなデザインにちゃんとなっていました。せめて四角で囲むとかあっても良かったんじゃないかなと思います。

フラットを追い求めるばかり、わかりやすいユーザビリティの低下が心配です。


通知センターからTwitterとFacebookの投稿ボタンがなくなってしまった


地味に使っていたので残念です。利用者が少なかったのかな。


通知バーをフリックで消せなくなった(消せた!)


 今までは画面上部に出てきた通知を左にフリックすることで即座に消すことができましたが、今回はできないようです。

と思ったらTwitterで教えてもらいました。上にフリックすると消せます。


コントロールセンターにテザリングと設定のボタンが欲しかった


 各機能にショートカットできる便利なコントロールセンターですがやっぱり自分でカスタマイズしたいです。特にテザリングなんかはあったらいいなーと思っていたのですが。皆さんはどんな機能を置きたいですか?


カメラのUIがダサい


 Androidのよくわからないカメラアプリにありそうなデザイン。特に黄色い文字とか個人的には最悪かなと思っています。日本語フォントだからっていうのもあるかもしれません。シャッターボタンもうーん、もうちょっと工夫が欲しかった。


これからの成長に期待大な新OS

大変貌を遂げたiOSですが、ユーザーによってはアプリの不具合や使い勝手などで小さな不満が出ている模様です。しかし、まだリリースされたばかりのOS、これからアップルがどのように育てていくのか動向が気になります。

ここまで不満を並べたけど、iOS 7の良い点はこれだ!

iPhone 5をiOS 7にアップデートしてイイネ!と感じた13のポイント | Digital Grapher

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

iPhone 5をiOS 7にアップデートしてイイネ!と感じた13のポイント


 こんにちわ、やむけい(@yamkei)です。9月20日から待望のiOS7が配信開始され、既にお使いの方が大多数だと思います。今回から開発責任者がスコット・フォーストールからジョナサン・アイブにバトンタッチし、見た目も機能も大きく様変わりしました。

 僕もさっそくアップデートしてバリバリ使っておりますが、まるで新しいiPhoneに機種変したかのような新鮮さで触るだけで非常に楽しいです!わっしょいわっしょい!

そんなわけで、三日間ほど使った感想をちょっとだけここに書いておこうかなと思いますよー。


使っていて気持ちのよいダイナミックなアニメーションUI


 iOS7は非常にダイナミックな動きをするアニメーションが特徴で、良い所でもあり悪いところでもあります。アプリを開いたときに画面全体がアプリにぐわーんとズームする感じとか、まるでジェットコースターに乗っているかのような(意味不明?)迫力があって僕はかなり好きです。


 ホーム画面では視差効果「Parallax Effect」が採用され、本体を傾けることでアイコンが立体的に見えるようになりました。アイコンの裏側にある壁紙が見えたりして地味だけど面白いです。色々な壁紙で試してみたくなりますね。アップルはこういったユーザーを面白がらせるツボな機能を取り入れるのが上手いなーと。

ios7wallpaper.netで視差効果が利用できる棚壁紙などがゲットできます。


iOS7に最適化されたアプリはデザインの一体感がある


 いち早く?iOS7のデザインにあわせてアップデートされたFoursquareを見てみると、ステータスバーの色がUIに合わせて変化しているのがわかります。このようにアプリに合わせて色々仕掛けができるようになったみたいです。非常に美しいです。


フォルダに収納できるアプリの数が増えた!


 iOS6まで最大16個までだったのが、iOS7では15ページ、最大135個まで収納できるようになりました。「そんなに入れえねだろ!」とは思いますが、ホーム画面を1ページ運用している方なんかはかなり嬉しいと思います。


時計アプリのアイコンが時刻に合わせて動くようになった!


 ついに時計アプリのアイコンが動くようになりました。しかも秒針がカチッカチッではなくヌルッと動くんです!これは良いです。アナログ時計は時間を空間的に認識できて良い物だなぁと再認識しました。ウィジェットがないiOSではちょっと不思議な感じもします。


ホーム画面でどこでもSpotlight検索が表示可能



 下へスワイプすればiPhone内を横断して検索できる「Spotlight検索」が出てきます。この機能は目的のファイルや機能へ早く到達するのが目的ですが、iOS 6まではホーム画面の一番左の0ページまで戻らなくてはいけなかった、という矛盾をiOS 7で解消しています。僕はあまり使いませんが。


通知センターの消去ボタンがちょっぴり大きくなって押しやすい



 通知センターに表示された項目を消去するあのボタン。今までのはすごく小さくて押しにくかったのですが、iOS7から少し大きくなりました。地味ですが非常に嬉しい!


ついにきた、いつでも呼び出せるコントロールセンターが便利


 画面の下から上へ指をスワイプさせることで、いつでも各機能のショートカットを利用できるコントロールセンターが実装されました。これで設定アプリ開かなくてもWi-FiやBluetoothをオンにしたり、画面の明るさを変えたり、LEDライトを点灯させたり、カメラを起動できるようになりました。

横画面のときはこんな感じで配置が変化する

 これでユーザーがコントロールセンターの中身をカスタマイズできればいいんだけどなーとは思いますが、アップルのことですから多分ムリでしょうw


マルチタスクで各アプリの画面がそのまま表示されてて素晴らしい


 以前からホームボタンを2回押すことでマルチタスクが利用できますが、iOS7からは表示がリッチになり、前に表示していた画面がそのまま見られるようになりました。上にスワイプすれば終了させることができたりと、操作性も向上。


操作しやすくなったカメラアプリ 


 カメラアプリも機能やデザインが大きく変わりました。新たに四角い写真が撮れたり、特殊色効果が付けられるようになったのと共に、画面を横にスワイプすることで写真からビデオ、パノラマに切り替えられるようになったため操作性が向上しています。かなり使いやすいです。

 また、シャッターボタンは長押しで連写できるようになりました。今までのようにボタンを離した時にシャッターが切れる仕様ではなくなったので、iPhoneカメラ撮影テクニック界隈の方たちがどう反応するのか楽しみです。


白を基調としたデザインに変わったミュージックアプリ


iPhoneといえばiPod、ということでミュージックアプリも進化を遂げています。


小奇麗な感じでなかなかいいんじゃないかと思います。ただアルバムやプレイリストの一覧にて、一つ一つの表示が大きくなったので一覧性が少し下がったのが気になるポイントかも。


 端末を横にするとアルバムジャケットがズラッと並びます。これが以前のカバーフローよりもアルバムが探しやすくてすごく良いです。あっぱれ!


インターネット共有(テザリング)が有効になるのが爆速になった!


 これは超素晴らしい。以前のiOS6ではテザリングを設定で有効にしても実際に他の機器からiPhoneの電波を見つけられるようになるまで時間がかかっていました。


 しかしiOS7からは、テザリングをオンにすると即座に他の機器で見つけることができ接続時にストレスがありません。ほんとこれは嬉しいです!iOS7にしてよかった!


新しい着信音や通知音が追加、昔の着信音・通知音も選べる


 大型アップデートということで色んな新しい着信音と通知音が追加されました。まだ聴きなれないので違和感を感じますが、これからのiPhoneを印象づける音になっていくでしょう。iPhoneの着信音は外で聴くとすぐにわかりますよね。「あっ、iPhoneの音だ!」って。


近くの人とファイルのやりとりができるAirDropが便利!


 AirDropは近くのiPhoneやMacを使っている人と写真などをやりとりできる新機能です。最初は「他のアプリでいいやん」と思っていたのですが、実際に使ってみるとなかなか良い物でした。

 特にLTEやWi-Fiなどネット環境がなくても通信可能な点と、複数人に同時に送信することができる点が、友達とわいわいしてる時なんかに活躍すると思われます。飲み会で使いたい機能No.1です!


気に入っちゃったよ!iOS 7!

 全世界のユーザーが使い慣れたiOSで、勇敢にも中身に大幅に手を加え新たな驚きを与えてくれたアップルですが、新しいとはいえ非常に良く完成されていると感じました。

 Androidなどが機能などの面で僅かに先行しているとはいえ、スマートフォン界を牽引しているのはやはりアップルだよなーと今の世の中の状況を見ればそう感じせざるをえません。

 ともかく、僕はiOS 7すごく気に入りました。今後はバグフィックスやiOS 7に最適化されたアプリの登場などに期待しています。

ここまで褒めたけど、iOS 7の不満点はこれだ!

iPhone 5をiOS 7にアップデートしてイマイチ・・・だと感じた7つのポイント | Digital Grapher

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

このブログの最新記事