2014年5月30日金曜日

「Chromecast」PC画面のミラーリング機能で"なんちゃってワイヤレスHDMI"が4200円で実現できるので買い



リビングのソファでダラダラしながらテレビを流し観中のあなた。
番組がつまらないので、手元にあるスマホでYouTubeアプリを開き、観たい動画やプレイリストを開いてキャストアイコンをタップ。すると今まで地上波が映っていたテレビは自動でHDMI入力に切り替わり、YouTubeが流れ始める。


ソファでごろごろ

なんと便利なことだろうか。今まで、テレビでYouTubeが見られる製品は数多く存在した。ネット接続に対応したテレビ本体やPS3を初めとするゲーム機など。

テレビやゲーム機の使いづらいUIのYouTubeアプリたち

しかし、スマートフォンが最もYouTubeの動画を探しやすいのは自明であります。機能の制限もありません。そして、これらと同じことが音楽や映画でも、Google PlayミュージックやPlay ムービーで可能です。



Chromecastをてにいれた!


というわけで日本上陸した「Chromecast」を購入しました。各所で取り上げられているので詳細は割愛しますが、要はテレビでGoogleのサービスを楽しめる製品です。スマホやタブレット、PCはあくまでリモコン代わりで、コンテンツのダウンロードはChromecast自体がWi-Fiで行うのがミソです。



テレビのHDMI端子に繋いで、電源供給はUSB端子から。


セットアップも簡単ですのよ。


実はPCの画面をミラーリングできるのです



実はChromecastって、PCブラウザのChromeで表示しているタブやPC画面全体をテレビに写すことができちゃいます。所謂ミラーリングというやつです。


ということは、正式対応していない動画サイトなどでもChromeで表示さえできればテレビで楽しむことができます。動きが激しい場面で若干画質が落ちますが、ニコニコ動画程度なら問題ありませんでした。映像は1秒ほど遅延するのでゲームには向きません。

名作・キルミーベイベー

更に言えば、Google Chromeはタブに動画ファイルをドラッグアンドロップすれば再生できてしまうので、PCに入っているMP4ファイルをテレビで再生なんてこともできます。個人的にこれが一番やりたかったことなので嬉しいです。5Ghzの11a環境なら割と普通に再生できました。ただ、時々コマ送りになる場面も。

これらのタブのミラーリング機能は現在BETA版で、動画の場合どうしても不安定な場面があるので、これ目的メインで買うのはやめたほうがいいかもしれません。今後に期待です。


こちらがPC画面全体をキャスト(ミラーリング)しているところ。


こうなるとChromeのタブとか関係なくテレビに写せます。もはやワイヤレスHDMIです。相変わらず動画系はちょっとキツいですが、他ならまったく問題ありません。

ってことは、例えばプロジェクターのHDMI端子にChromecastを繋いでしまえば4200円でワイヤレスプロジェクターの完成ですよ。すごくないですか。

会議中にそれぞれのPCでケーブルを差し替えることなく、画面を出力するPCをサクサク切り替えられます。4200円で。小さい会社とか最適じゃないですかこのソリューション。

そういえばスマホやタブレットの中に保存されている写真・動画・音楽や、Facebook・Google+に保存されている写真アルバムをテレビで見られるアプリもサードパーティーから色々用意されています。僕はAviaを使っています。

Avia Media Player (Chromecast) 7.1.29328
カテゴリ: メディア&動画
Google Playで詳細を見る


家族に旅行の写真を自慢するときに役立ちます。


まとめ

海外では1年前くらいに発売されたモノなので、出来たてホヤホヤという製品ではないのですが、日本で発売されたことには大きな意義があると思います。既にdビデオやauビデオパス(今後対応)に対応してたりしますし、対応サービスが増えるのに期待です。ニコ動とかすぐ対応しそう。

ともかく、迷ってる人はみんな買えばいいと思います。安いし。
何に使うかは買ってから考えよう!

更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2014年5月22日木曜日

現行Pro 2ユーザーから見た新型『Surface Pro 3(サーフェスプロ3)』&レビュー開封動画まとめ #SurfaceJP



米マイクロソフトは、ニューヨークで開催したイベントにてSurface Proの新型モデル「Surface Pro 3」を発表しました。

Microsoft Store (マイクロソフトストア)



「製品サイクルはええ!」って感じですが、Surface Proシリーズは相変わらず製品として弱点を着実に潰す正統進化の道を進んでいます。

今回はSurface Pro→Surface Pro 2と使い続けている身から、フルモデルチェンジされたSurface Pro 3の要チェックだと思う新機能をご紹介します。


ディスプレイがアスペクト比3:2の12インチになったのはとても良い

betanews.comより)

今までのPro/Pro 2はディスプレイサイズが16:9(1920 x 1080)10.6インチ、だったのに対し、Surface Pro 3は3:2(2160 x 1440)12インチに変更されました。これ非常に使い勝手がアップするのではと予想しています。


というのも、今使ってるSurface Pro 2はディスプレイが横長なので、動画を見るときは非常にいい感じなのですが、デスクトップで作業する時は縦の解像度がちょっと足りず窮屈な思いをします。僕はタスクバーを右横に移動させて領域を確保していたりします。



さらに違和感を感じるのがタブレットスタイルで本体を縦持ちしたときです。16:9のディスプレイは縦持ちすると非常に縦長に感じるのです。iPadに慣れている方なんかは特に変な印象を受けると思います。そして縦長を活かすアプリがあるわけでもなく……(省略)

そんなわけで、Surface Pro 2ではノートPCスタイルの時もタブレットスタイルの時もどっちつかずな違和感を感じていました。

(写真はdigitaltrends.comより)

御覧ください、Surface Pro 3はiPad Airと比べても違和感がありません。
そんなわけで、アスペクト比3:2、12インチディスプレイには非常に期待しているのです!ディスプレイの綺麗さは既にお墨付き。


画面がデカくなって持ち運びしにくそう?むしろ薄型化&軽量化で取り回しアップでしょ

(写真はCNETから)

12インチに画面が大きくなって一番言われているのが「持ち運びしにくそう!」という声。たしかにボディサイズがアップしているので、今までのSurface Proとは若干感じが違うかもしれません。ケースも買い直しが必要です。

天秤によるパフォーマンスが面白かった

しかし、慌てるのはちょっと早いかも。なんたって今回のSurface Pro 3はダイエットに成功しています。あれだけ重い重い言われていたSurface Pro 2の約907gから約798gへと軽量化され、厚みも13.5mmから9.1mmに薄型化されました。

今までSurface Pro/Pro 2で厚みと重さに不満を持っていたユーザーはSurface Pro 3を持ったらニヤけてしまうことでしょう。この薄さに高性能が詰まってる感、非常に堪りません…!軽量化&薄型化によって使い勝手はきっとアップしているはず。


シルバーでスタイリッシュに


Surface 2で採用されたシルバーがSurface Proにもやってきました。今までの黒っぽいチタンカラーも高級感があって非常に気に入っていたのですが、Surface 2のマグネシウムっぽいシルバーも良いなーってずっと思っていたのです。僕自身Surface Pro 2の背面にグレーのシールを貼ってしまうくらいには(笑)

Surface Pro 2の背面を保護するためにDecalgirlのスキンシールを貼ってみた #SurfaceJP | DIGITAL GRAPHER


(写真はCNETより)

Pro/Pro 2でずっと同じ色だったので飽きてきたっていうのもありますね。はやくシルバーにブルーのキーボードを組み合わせて使いたい!


「そんなとこまで曲がっちゃうの!?」更に進化したキックスタンド


Surface Pro 3はタブレットとノートPCの一台二役を担う製品として開発されています。つまりタブレットでありながらクラムシェル型ノートPCの使い勝手も追求しなくてはなりません。


初代Surface Proはキックスタンドが1段階しか開かなかったため、机に置いて使うときや膝の上で使うときに微調整できず不評を呼びました。そこでSurface Pro 2では2段階に開くよう進化。角度を選べることで非常に使い勝手がアップしました。

(写真はCNETより)

今回のSurface Pro 3は更に進化。2段階どころか無段階でかなり寝かせる角度まで倒せるようになりました。これなら膝の上でちょうどいい角度を自由に選べるし、ペンでディスプレイに描くときも使いやすそうです。


ワコム製ではなくなったデジタイザ「Surface Pen」は進化?退化?


Surface Pro/Pro 2はワコムのデジタイザ技術を採用しており、ペンに電池が不要で1024段階の筆圧に対応するなどして、液晶ペンタブレット代わりになると絵描きさんに話題でした。

Surface Proで描いてみた - NAVER まとめ
Surface Pro 2 でも描いてみた - NAVER まとめ

ところがSurface Pro 3はワコムの技術が不採用となり、VAIO Duo 11などで採用されている「N-trig」という技術に変更されました。
N-trigは筆圧が256段階までだったり、ペンに電池が必要だったりとSurface Pro/Pro 2のワコム製デジタイザと比べると劣化しているように見えますが、こんなメリットがあります。

・遅延が少なく、実際に紙に書いているかのような書き味
・ペン先ズレがほぼゼロに等しく、ワコム製デジタイザの仕様だった画面隅でのズレもない


というわけでポインティングデバイスとしては非常に優秀です。ウィンドウ操作などマウス代わりにペンを使うときにズレがあると使いづらいですからね。Surface Pro 2で実際にペンを使っている時も画面隅でのペン先ズレはちょっと気になりましたから。


そもそもなぜデジタイザが変更されたかというと、マイクロソフトはSurface Pro 3をノート代わりに使えるデバイスにすることにこだわっているからです。実はディスプレイの比率が3:2になったのも、紙のノートのサイズと同じにするためだったりします。

更にSurface Pro 3がスリープ中でもSurface Penのボタンを押すと即座にOneNoteが起動してノートが取れるなど、まるでボールペンを押し込んで紙に書き始めるかのような使い勝手を実現しています。


2分50秒あたりから、Surface Penの書き味をチェックできます。


発表会でも、文字を書いたり操作する上では非常に高評価だったようです。……ただ、やはり絵を描く人でワコムにこだわりがあった方はちょっと残念なニュースなのかもしれません。ワコム製デジタイザが付いた液晶タブレットとしてSurface Pro 2が貴重になったりして。



Surface Pro 3からはペンの色々な収納方法が提案されていますよ。


新しいキーボードカバー「Type Cover」


個人的にSurfaceの最大の魅力だと思っているキーボードカバーも新型が発表されました。物理ボタンの新しいType Coverは今までより更に薄型化され全5色。Touch Coverは遂に姿を消してしまいました。

(写真はwpdang.comより)

トラックパッドが大きくなり使い勝手がアップ。Type Cover 2までのトラックパッドは小さくてやはり使いづらかったので、嬉しいですね。できればもっと大きくしてほしかったけど。

(写真はwpdang.comより)

新しいType Coverは接続部分を折ることでキーボードに角度をつけることができます。かっちょいいよー。


細かいスペックとか


OS:Windows 8.1
CPU:第4世代Intel Core i7/i5/i3
SSD:64/128/256/512GB
メモリ:8GB(256/512GBモデル)、4GB(64/128GBモデル)
グラフィック:Intel HD Graphics 4400
カメラ:アウトカメラ、インカメラ共に500万画素
無線:Wi-Fi IEEE 802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth 4.0 LE
ポート:USB3.0端子、microSDカードスロット、Mini DisplayPort

スペック的には新たにi7が選べるようになったこと以外Surface Pro 2と大差ないんです。入出力ポートも最低限。ユーザーに合わせて色々な選択肢があるのが嬉しいですね。


海外のプレスによる開封動画はこちら




海外のレビュー動画まとめてみました






まとめ

(写真はdigitaltrends.comより)

はやく予約させてくれー!!!

新型が出るたびに買ってしまうほど、Surfaceには魅了されてます。というか欲しいと思えるWindowsマシンがSurfaceぐらいしかないんですよね。どうしてこうなった。

そんなわけでSurface Pro 3も購入決定です。Pro 2をお嫁に出す算段をしなきゃなぁ。。。

Surface Pro 3の発売日はi5モデルのみ米国とカナダで6月20日に発売。その他のモデル・その他の地域(日本含む)は8月末までに発売予定です。はやくして!



~追記~

~追記~

日本国内での発売日が決定しました。

Core i3/メモリ4GB/ストレージ64GB 9万1800円(8月発売予定)
Core i5/メモリ4GB/ストレージ128GB 11万1800円
Core i5/メモリ8GB/ストレージ256GB 13万9800円
Core i7/メモリ8GB/ストレージ256GB 16万4800円
Core i7/メモリ8GB/ストレージ512GB 20万2800円

7月17日(木)発売。




【ヤマダ電機】Surface Pro 3とタイプカバーをポイント10%付与で16500円安く買う方法 #SurfaceJP | DIGITAL GRAPHER


更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

2014年5月20日火曜日

シャープの中の人に聞いてきた!AQUOSスマホ2014年夏モデル ~便利機能・グリップマジック編~


~EDGEST・デザイン編~
~IGZO・PureLED・カメラ編~

続きです。AQUOSには国産スマートフォンらしい様々な便利機能が搭載されています。これはXperiaやGALAXYにはない大きな魅力です。


片手操作しやすいワンハンドアシスト


ワンハンドアシストは画面の上部に指が届かないとき、画面全体をそのまま縮小してしまうというなんとも単純明快な機能です。これなら電車のつり革で片手操作している時でも楽に操作ができます。今までも画面全体を下げたりボタンを下にもってくる機能などは他社にありましたが、逆に別のボタンが隠れてしまって押せなくなったり、特定の場面では使えなかったりしました。

今回のような、単純に画面を縮小するというシンプルな方法が意外と一番使いやすいのかもしれません。


側面にセンサーを内蔵し様々な便利機能を実現する「グリップマジック」

側面のセンサーは外から見えません(注・赤の304SHは非対応)

2013年冬モデルのAQUOS PHONEから搭載されている「グリップマジック」は本体側面に搭載されたセンサーで、手でスマホを握っているか感知する機能です。これがどんなふうに便利なのかというと

・ポケットの中で握るだけで新着通知をバイブでお知らせ
・机に置いたスマホに電話着信時、スマホを手に取るまで電話番号のみ表示でプライバシーを保護。手に取ると着信音量のボリュームが下がる
・端末を縦に持っている時は自動画面回転オフ・消灯オフ

といった、ガラケー成熟時代にあったような気の利く便利機能がスマホでも実現されています。これらは海外メーカーの端末ではあまり見かけないので、かなり大きなアドバンテージになると思いますね。


グリップマジックは薄いカバーであればそのまま使用可能です。開発段階から厚さの違うカバーを複数用意して実験を繰り返したんだとか。金属フレームの304SHはグリップマジック非対応とのことですが、今後はぜひ両立を期待したいところです。


触ってわかったAQUOSの魅力


3キャリア向けのAQUOSを同時に比較できる貴重な機会だったのですが、それぞれキャリアごとの差を見ると面白いですし、色々な思惑が交錯しているのかなと思ったりもしました。個人的にはやはり金属ボディの304SHがお気に入りです。

スペックが各社横並びになってきて、ぶっちゃけ国産メーカーはいかにXperia・iPhoneのブランド力を崩せるかが勝負になってきていると感じます。その上で、今回のEDGESTと呼ばれる狭額縁デザインはユーザー目線でも魅力的がかなりわかりやすいです。これからシャープのスマホを支える大きな武器になると思うのでこれからも更に進化を追い求め続けて欲しいと思います。

詳細スペックは公式サイト・ITmediaの詳細ページをご覧ください。

緊急時節電機能も装備:NTTドコモ、国内初の「VoLTE」対応スマホ/タブレットなど2014夏モデルを発表――フィーチャーフォンの新機種も - ITmedia Mobile

ドコモ向け「AQUOS ZETA SH-04F」は5月23日発売予定
ソフトバンク向け「AQUOS Xx 304SH」は5月23日発売予定
au向け「AQUOS SERIE SHL25」は6月下旬発売
更新情報が受け取れます。宜しければフォローお願いします。

このブログの最新記事